FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 美沙の凄春その123=鷲掴まれて。

 美沙は口の中に溢れた自分の唾と共に三宅の精を飲み下した。 青々とした草原のエキスを躯に注がれた気がした。 美沙はなおも一樹から口を離そうとせず、さらに舌を絡め続ける。
「駄目、離して。」
 一樹が強い力で美沙を突き放した。 美沙は後悔の浮かんだ一樹の顔に、優しい笑顔を向けた。 一樹の若い顔が強張っていく。 
「好きな男のすることなら痛みさえ嬉しいと言いましたね。 これでも嬉しいですか。」
 一樹は怒った様に掌の下にあった柔らかで儚い美沙の乳房を鷲掴みにし、ありったけの力を解放して握り潰した。 美沙の優美な顔が苦痛に歪む。 その歪む顔がさらに一樹の衝動を掻き立てたのか、掌の中の弾力の固まりを形が変わるまで捻りつける。 

『痛い。 苦しい。 もげてしまいそう。 でも、でも、こんなにも嬉しいのは何故? 一樹さんが、その熱情を、自分でもどうして良いのか分からない激しい感情を、初めて体に迸る衝動をそのまま私にぶつけてくれている。 他でもないこの私に。 もっと、もっと、激しくして。 一樹さんにもがれるなら、こんな胸、無くなったっていい。 どうせ、ご主人様を歓ばせるだけの躯など壊れてしまえばいいのに。 愛してもいない人に責められて歓ぶ様な躯なんて無くなってしまえばいいのに。』 

「あぁぁぁぁっ。」
 美沙の口から悲鳴が漏れた。    

「嬉しいですか? これでも。」
 美沙の胸を掴んでいた力がふっと消えた。 美沙の真っ白な胸に一樹の掌の形に赤い痕が付いていた。 一樹は美沙の顔の両側に手を置いて、美沙を見つめた。 美沙の顔に表情が戻り、ふわりと微笑んだ。 一樹の背中に腕を回し、強く抱き締める。 

「好き。 本当に好き。 四月からずっと一樹さんを見てた。 その優美な横顔を。 その透明な眼を。 凛とした唇を。 涼しげな姿を。」
「あんな酷いことをしたのに? こんな綺麗な肌にこんな酷い跡を付けたのに? 俺をまだ好きだと?」

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。