FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 美沙の凄春その95=淫らな魂。

 美沙の躯から力が抜け、橋本の体の形に寄り沿っていく。 美沙の熱く燃えた尻朶の柔肌が橋本の腹にぴったりと吸い付く。 橋本は両掌で美沙を愛でながら、顎で巻き毛を掻き別け、産毛の煙る細いうなじに口を這わせた。 甘い香りの立ち上る柔らかな肉を甘咬みする。 舌をべちょべちょと這わせ、柔肌を味わう。 ずぶぅと時折、自分の唾で濡れた美沙の柔肌を啜った。 

「あはんっ。 あはぁんんんん。 いっ、いっ、いいっ。 あぁぁぁ。」
 美沙の紅い唇が橋本の耳元で甘やかな啼き声に震える。 橋本の指を喰い千切る程に蜜壺は収縮していた。 背中で括られた美沙の小さな掌が限られた動きの中で精一杯に橋本の腹をまさぐる。 

「どうだ。 もう一度逝かせて欲しいか。」
「あ、はい。」
 橋本の口が這う美沙の細首がくっと折れた。 甘く切ない喘ぎを唇から吐き溢す。 

「俺の奴隷になると誓え。」
 乳房を揉みし抱いていた橋本の指がしこり立った乳首を摘まみ上げる。 じーんと深い痛みが美沙の躯の奥に滲み渡る。 
「あぁぁぁ。 奴隷になります。 だから、だから。 あぁぁぁぁぁっ。」
 悲しげに細い啼き声を上げた。 細い腰ががくがくと震える振動が橋本の下服に伝わってくる。 橋本は蜜壺から掌を伝わせ、辛うじて床を捉えている美沙の太腿をがっしりと掴んだ。 そのまま易々と持ち上げる。 

「見ろ鏡を。 見えるだろ。 両脚を開ききったおまえが。 その中心の花弁の中に俺が入ってくのが。」
 美沙は顔を上げ、顔にに掛かった巻き毛を振った。 白く艶めく脚は、一方は麻縄に無残に吊り上げられ、もう一方は橋本の浅黒く大きな掌に掴まれ高々と持ち上げられていた。 これ以上は無い程にあられもなく開かれた脚の中心で紅い花弁が物欲しげにそよいでいた。
その花弁を押し拡げ、黒光りする橋本の剛直が今まさにその威容を埋没させようとしていた。 瞳にその淫らな光景が映ると同時に、灼け付く様な痛みが躯を貫いた。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。