FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 美沙の凄春その92=正直な躯。

「これを見ろ。 おまえがさっき噴き上げた潮だ。」
 橋本の指さす足元の床板は水が一杯入ったコップをひっくり返した程に濡れていた。 紛れも無くそれは美沙がさっき橋本に絶頂を極めさせられた証拠だった。 
「いやっ。」
 美沙は顔を背けた。 

「おまえは縛られ、自由を奪われた躯を鞭で打たれ、見ず知らずの男と気がつきながらも侵されて絶叫を上げながら逝った。 おまえはマゾヒストだ。 天性のマゾヒストだ。  この先、どんな男に出会ってももう普通の恋は出来まい。その素晴らしい素質を開花できるのはやはり生まれつきのサディストである俺だけだ。 改めて言う、俺の奴隷になれ。」
 情熱的に語る橋本の言葉に嘘は感じられなかった。 眼を輝かせ、一心に美沙の顔を見ていた。

 美沙は俯いた頭を振った。 巻き毛が白い肌の上で踊った。 大きく息を吸った。 縄が胸を締め付け、躯が軋み、苦しさがじわりと躯に滲みた。 同時に美沙の蜜壺がぢゅわりと反応していた。 熱い感悩の渦潮が胸を満たし、込み上げてくる。 

「どうだ。 嫌か。 おまえが幾ら嫌がっても、俺はおまえをここで諦める訳にはいかない。 それにお前の躯は嫌がっているとも思えないが。」
 橋本は再び美沙の秘唇を指でなぞり、ひっそりと佇む肉芽を捉えた。 指腹に未発達ながらも既にしこり切ったこりこりとした弾力が伝わってくる。 橋本は優しい指遣いで皮衣を剥き、露出した肉芽を柔柔と揉み上げる。 
「あはっ、あはっ。 あはぁぁぁぁんんんん。」
 美沙は優美な眉根を寄せ、細いうなじに筋を走らせて艶啼を漏らす。 自由を縄に奪われた華奢な躯が精一杯に、くねくねと橋本の腕の中で捩れる。 橋本は口の端を嬉しそうにひくつかせ、ぷるぶると弾む美沙の乳房をもう一方の掌で揉みくちゃにした。 

「これが、おまえの躯の答えだ。 おまえが口で何と言おうと、この頭の中で何を考えていようと、躯は正直に答えている。 俺の奴隷になるとな。 ほら、聞こえるか。 おまえの躯が応えている音が。」

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。