FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 美沙の凄春その77=身も心も奴隷に。

 ヒールが床から離れ、美沙は爪先立ちでようやく躯を支えていた。 ふらつく度に乳房の上下を縛める縄に体重が掛かる。 肉に喰い込む麻縄に美沙は呻いた。 息をする度に縄が躯を締め付け、苦しみが躯の奥に滲みてくる。

 町野は美沙の足元にしゃがみ込んだ。 美沙の尻朶を両掌で鷲掴み、滑らかな太腿に頬を擦りつけた。 伸び始めた髭がちくちくと柔肌を刺してくる。 美沙は覚束ない足元でしなやかな躯をくねらせる。
 
 町野はもう一本の麻縄を美沙の左の膝上に巻き付け始めた。 幾重に丁寧に巻き終わると縄尻を梁に掛け、体重を掛けた。 太腿に喰い込む縄の痛みに美沙は左脚を大きく上げざるを得なかった。 美沙の左膝が腰よりも上まで上がる。 町野は満足そうに笑みを浮かべて、美沙の周りを巡った。 時折、その柔肌に指を滑らす。
「綺麗だよ。 それに何とも淫らだ。 これを見たらどんな堅物でも理性を失ってむしゃぶりつくだろう。 あるいは責め立てるかな。 いずれにしても匂い立つような色香だ。  
肌が抜けるように白いから麻縄がよく映える。 縛ると一層白く、一層肉の柔らかさが引き立って、何ともいやらしい。 とても芸大一の清純派とは思えない。 その間逆だ。 芸大一、いや日本一の淫乱奴隷そのものだ。 見せて上げよう。」
 町野は美沙が向いてる壁に寄った。 板張りの継ぎ目に手を掛ける。 壁と見えたのは鏡の扉になっていた。 天井から床までの巨大な三面鏡に美沙のあられもない姿が映し出される。 町野は自らの姿を鏡の中から消すように、美沙を背後から抱き締めた。 

「どうだ。 見えるか。 この淫らな女の姿が。 ほら、何もかも丸見えだよ。 秘唇も物欲しそうに口を開いて、真っ赤なびらびらまで見えている。 何もしてないのに、べちょべちょと音がしそうに濡れているね。 どうしてかな。」
 町野はねっとりとした口調で責め続けた。 美沙は鏡を見ないようにと顔を反らす。 町野はその頬を押さえて正面に向けた。 

『ああ、本当に本当にこれが私? 先生の仰る通り、何て淫らな姿なの。 胸をあんなに突き出して、いやらしい女。 先生の掌が生き物みたいに私の胸を・・・。 這っている。 揉んでいる。 あぁ、乳首を弄って、あん、感じてしまう。 いやいや、こんな姿勢で、こんな姿を見せつけられて。 おもちゃ、そう、これでは先生のおもちゃ。 あっ、先生の掌が無毛のあそこに。 あぁ、触れた。 さわさわと触れてくる。 いや、花弁をめくらないで。 感じる。 感じる。 も、もっと中まで。 ぁ、紅い。 真っ赤に燃えてる。 真っ赤に誘ってる。 いやらしい。 見ていられない。 恥ずかしい。 先生はこんな私を見て、呆れたり、嫌になったりしないの。 どうしよう。 そんなことになったら。 お願いです。 見せないで、仰らないで。 こんな姿が見えないように抱き締めて。 美沙を抱いて。』

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。