FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 美沙の凄春その76=身も心も奴隷に。

「あっ、あぁぁぁんんんん。」
 美沙はぽってりと愛らしい唇をうっすらと開き、妙なる啼き声を切れ切れに漏らす。 町野にぴったりと付けた肉厚の尻朶がふるりふるりと揺れた。
「気を遣るのはまだ早い。 今日はたっぷりと啼かせてあげるから。 ちょっとやそっとの痛みではもう君は痛がるより、感じてしまう躯になってきたからね。 今日は、新しい責めで啼かせて上げるよ。」
 町野は尻朶をぺしりと叩き、あぅっと声を上げる美沙を尻目に、新たな縄を胸に掛けていく。 胸の上下を縄が締め上げ、美沙の撓わな胸がさらに突き出される。 容赦のない縄は肉に喰い込み、息を吸い込む度に骨が軋む苦しみを美沙を与えた。 

「はぁぁっ。 はあぁぁん。」
 一息毎に美沙は苦しげに優美な頬を歪ませ、熱っぽい吐息を吹き出す。 何時しか、柔肌はしっとりと汗に濡れ、若い肌を一層滑らかに光らせる。 栗色の巻き毛が肌に貼り付き、胸の穢れない白さを引き立てた。 
「もっと、もっと、この胸をキレイに見せて上げよう。」
 町野は両掌の中に収まってしまう美沙の折れそうな腰に幾重もの腰縄を打った。 腰縄の中心に新たな縄を結わえ、その縄で乳房の上下を縛める縄を結びつける。 縄に上下左右から根元を括られた美沙の乳房は苦しげに歪み、さらに玩弄を誘う様に突き出させられた。 胸の谷間を縦に割った縄尻を背中の手首で止めた。 
 さらに背中側から腰縄と胸の上下を縛る縄に新たな縄を通すと、天井の大梁に掛けた。 縄尻を持って町野は力を込めて引っ張った。 じじじと縄が木の梁を擦る。 

「ひっ、あぁっ。」
 乳房を縛める縄がさらに根元に喰い込む苦しみと躯が浮き上がる恐怖に美沙は細い悲鳴を上げた。 縄は美沙の肉を襲い、その下の感悩の壺を圧迫してくる。 身を切られるような苦しみのそこから悲しい女の愉悦が沸き上がる。 美沙は優美な眉を寄せて、苦痛と感悩に耐えた。 

『あっ、あっ。 息すら出来ない。 胸が千切れるみたいに痛い。 それなのに、私のあそこが疼いてる。 どうして。 私、どうかしてる。 本当に身も心も先生の奴隷に、それも性の奴隷になってしまった。』
 長い睫を涙が濡らしていた。 まどの外のライトアップされた深い緑が瞳の中で滲んだ。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop