FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 美沙の凄春その68=崩れる膝。

「ちゃんと尻を突き出しなさい。」
 町野はさらに鞭を振るった。 高い打音と同時に痛みが子宮を揺らしていった。 美沙は、息を整えるよりも先に膝を伸ばし、打たれた尻を突き出していた。  
「一つ、美沙がご主人様からのご命令に従えない場合、またご満足のいくご奉仕が出来なかった際には、美沙はどんなお仕置きでも喜んでお受けすることを誓います。」
 鞭に先を促される。
「一つ、美沙はご主人様に何時でもより快適にこの躯を性の道具として楽しんでお使い頂けるよう、常に口・オマンコ・お尻の穴その他の肉体を清潔に保ち、また御主人様のお好みに合わせ性能の向上に努めることを誓います。」

『あぁ、酷い。 お尻の穴って、どういう意味? 私は何処までついて行けるの。』
 美沙の心に浮かんだ不安を吹き飛ばす様に、町野の鞭が尻を打ち据えた。 今までより大きな衝撃に美沙の肘ががくっと折れた。 震えながらも肘を伸ばし、美沙は先を読んだ。
鞭の与える痛みは既に骨さえ震わせ、躯の隅々にまで染みこんでいた。 痛みが蓄積されるに従って、美沙の心は虚ろになっていた。

「一つ、美沙はご主人様のご指示により、奴隷であることの証を肉体に刻み、あるいは御主人様のお好みにより肉体改造を受け入れることを誓います。」
 何か想いが浮かぶ前に鞭が加えられた。 躯を痛みが突き抜ける。 鞭の痛みに肉は蕩け、粘膜は町野を求めて濡れて始めていた。 

「一つ、ご主人様がご指定された任意の第三者に貸し出された時は、ご主人様にお仕えするのと同様に心と身体の全てを差し出し、誠心誠意ご奉仕することを誓います。」
 自分が読み上げた条文の持つ意味を理解する前に躯を鞭の衝撃が襲った。 心は何時しか宙に舞い、ふわふわと漂っていた。 ただ、与えられる痛みだけが美沙が生きている事を、町野の所有物である事を知らせてくる。 

『痛い。 苦しい。 先生が与えてくれた痛み。 先生と私は繋がっている。 先生の思いは私だけに向けられている。』
 形の成さない喜びが躯を満たしていく。 町野はさらに何度も鞭打った。 膝が崩れ、テーブルからずるずると躯が落ちた。 床に這う美沙の背にも町野の鞭が爆ぜ続けた。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop