FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 美沙の凄春その65=心臓が止まりそう。

 町野の掌を下腹に感じた。 じわりとその熱が肌を越えて伝わってくる。 と鋭い痛みに美沙はソファの中で背中を弓反らせた。 町野の言葉通りに奥歯を噛み締めていなければ、外まで聞こえる程の叫びを上げていた。 堪えた叫びが美沙の胸の中を渦巻き、痛みと苦しみに身を捩った。 
「あぁぁぁぁぁっ。」
 躯を貫く痛みを少しでも和らげようと、押し殺した悲鳴を少しずつ漏らす。 町野が何をしているのか怖くて見られなかった。 粘膜の花弁が掌ではない何かが押し当てられるのを感じた。 

「さっ、もう終わった。 良く声を上げないでいてくれたね。」
町野の声に停まっていた美沙の時間が動き出した。 痛みは殆ど消えていた。 それよりもじんじんと花弁が充血しているのが恥ずかしかった。 しかもそれが町野に丸見えになっていると思うと心臓が止まりそうだった。 それなのに、恥ずかしいがうえに却って躯中の細胞が泡立つ様に疼いている自分が居た。 
「先生。」
 思わず、口にしていた。 自分の声に胸に詰まっていた想いが覚醒する。 今すぐにすぐ隣にいる町野の胸に飛び込みたかった。 

「まだ、ブラをしていたのか。 みっともないから早く取りなさい。 そして、僕の足元で四つん這いになりなさい。」
 町野の言葉を待っていた気がした。 美沙は自分で自分の膝を掴み、ソファから脚を抜いた。 立ち上がるとブラジャーを脱ぎ捨て、町野の足元にしゃがみ込む。 すぐ目の前にある町野の足に抱きつきたかった。 

「ほら綺麗に取れたよ。 奴隷らしく、血判は君のオマンコだ。 もっと抽象絵画のようになるかと思ったけど、しっかりよく分かる。 とてもいやらしいのがいい。」
 町野は美沙の目の前で二枚の和紙を振った。 
「さっき読んだのは契約書だけだったね。 こうして、誓約書にも血判を押してくれたんだから、奴隷らしく、読んで貰おう。 その前に、奴隷にして頂きありがとうございますと感謝の意を表して貰おうか。 僕の靴にキスをしてね。」

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。