FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 美沙の凄春その56=動悸が止まらない。

☆ 体をぶるぶると震わせ、町野は二度目の精を美沙の口中に放った。

 週明けの最初の町野の授業開始を一人、美沙は教室で待っていた。 時が通り過ぎていくに従い、美沙の心臓は締め付けられ、自分の耳に聞こえる程動悸は激しくなっていた。 
 教室の簡素なドアに瞳が吸い寄せられて離れない。 低いローファーを履いた足が床に着いている実感がなかった。

『私ったら、どうかしている。 いつもの授業が始まるだけなのに。 例え一昨日の晩の出来事が本当であっても、先生が教室で何かされる訳じゃないのに。』
 美沙は木の椅子の中でもじもじと腰を動かした。 座面に当たる尻朶から間違いようのない痛みがじわじわと感じられた。 途端に、胸の中を甘酸っぱい蜜がじゅんと濡らす感じがした。

「おはようございます。」
 美沙はドアが開いた途端に立ち上がっていた。 教室に入ってきた町野に向かって精一杯の明るい声で挨拶をする。 
「おはよう。」
 町野は学生からアイスプリンスと呼ばれている通りの冷たい無表情のまま通り過ぎ、伴奏用のピアノに座った。 

「今日はハーモニクスの練習に春の祭典をやってみよう。 楽譜は持ってきてるね。」
 そう言う町野の声は、いつもの静かな声だった。 
「はい。」
 ピアノの傍らに立ち、譜面を開いた。 町野のピアノが流れ出す。 マウスピースに下唇を当てる。 躯がメロディーに染まり始める。 美沙の意識は透明になり、心臓の鼓動は疾うに忘れ去られていた。 

 町野は練習中でも、余り演奏を止める事がなかった。 楽章をちゃんと演奏し終わってから、注意点を指摘していく。 学生はそのため、容易にメモを取る事が出来た。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop