FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 美沙の凄春その54=包まれて。

「あっ、あんあんあんあん。 あぁぁぁぁぁぁん。」
 町野の掌が無毛となった恥丘を撫でる、きゅっとくびれた脇腹を這う、すんなりとした内腿を擦る、唇が秘唇に押し付けられ、舌が粘膜の花弁の内側を擦り上げる、指が小さな小さな肉芽を転がししこらせる、髪がさわさわと内腿の柔肌を擽る。 美沙の躯はそのことごとくに反応し、感悩の電気を起こした。 その電気は尻朶の痛みで増幅され、子宮の奥底に溜まっていく。 美沙は苦しげに身を捩り、高く啼き続けて町野を悦ばせた。 

『あぁ、駄目、駄目。 もうもう許して、先生。 く、苦しい。 あぁ、ひりひりと躯中がひりひりとしている。 そこを、そこは触れないで、舐めないで。 あぁ、痛い。 感じる。 感じる。』

 町野は掌に吸い付き、心地よい弾力を跳ね返してくる美沙の艶肌の感触に夢中になった。 撓わな胸の量感も、くりくりとした蕾の弾力も、滑らかな下腹の肌も、幾ら触れても飽きる事がなかった。 紅い花弁は仄かに芳香を放って、微かに甘い蜜を滴らせ、町野の舌を楽しませる。 高く鈴を転がす様な啼き声が耳を擽り、遠慮がちに肩に喰い込んでくる細い指の痛みが町野を有頂天にさせた。 

「入るよ。」
 町野は美沙の膝を胸の横まで折り拡げた。 紅い花弁を眼で確認すると、既に痛い程に張り切った硬直を押し当てた。 敏感な肉傘に美沙の花弁が絡み付く。 そのねっとりと熱い感触が町野の興奮をさらに誘った。
 「あがぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ。 うっ、うっ、うっ。 あぁぁぁぁぁぁっ。」
 美沙は鞭打たれた時よりもさらに高く啼き叫んだ。 細い頤を宙に仰け反らせ、紅い唇を開いて、啼き続ける。 町野の下の華奢な躯はがくがくと痙攣した。
「入ったよ。 凄い。 凄く締め付けてくる。 とても熱い。 熱く絡み付き、締め付けてくる。 君の躯は最高だ。 いいよ、いい。 とても、とても、いい。」
 美沙の耳には町野の褒め言葉も、自分の高い啼き声も届いてはいなかった。 美沙の躯は引き裂かれる様な痛みの津波に幾度も幾度も押し流され、波打った。 すらりとした美沙の脚が町野の胴に絡み付き、力の限りに締め付けていた。 いつしか町野の背を掴んだ細い指を立て、爪を喰い込ませる。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop