FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 美沙の凄春その53=包まれて。

「いやぁぁぁ。」
 美沙は剥き出しの秘唇のいやらしさに悲鳴を上げた。 同時に全身の血が熱く脈打つ。

「君は色白だから、こうして柔毛を剃ってみると、実に初々しくて淡いピンクで綺麗だ。 僕はこう言う唇を持った子を探していたんだ。 このピンクの割れ目から紅い花弁が顔を覗かせている。 何とも淫らな光景だ。 恥ずかしそうにしながら、君はいやらしく躯を悶えさせていたんだ。 ほらこんなに糸を引く。」
 町野は美沙の眼の前で美沙の蜜で濡れた指を開いた。 親指と人差し指の間につーっと透明な糸が光った。 

『あぁ、それ以上、それ以上仰らないでください。 あぁ、どうして? 躯が熱い。 肌が燃えるみたい。 自分が怖い。』  
 美沙は瞳を閉じた。 その網膜で紅く色付いた秘唇が蠢く。 躯中がその秘唇になっていく様な感じがした。 町野が美沙を抱え上げる。 その手に触れられた肌がじんじんと燃え上がった。
 
「あぁぁぁぁん。」
 ベッドに横たえられると、美沙は堰を切った様に啼いていた。 鞭で打たれた尻朶がベッドに擦れ、熱い痛みを発していた。 町野はそんな事は想ってもみないのだろう、夢中になって自らの手でつるつるにした秘唇に舌を差し入れていた。 町野の舌が粘膜の花弁を啜り上げる度に、美沙の秘唇はそよぎ、ほよほよとした感悩のさざ波を立てる。 それが尻朶の発する痛みと合わさり、荒波となって美沙の躯を飲み込んでいた。 

『あぁ、先生。 感じてしまいます。 あぁ、気が変になりそう。 どうしたの?私の躯が私の物ではないみたい。 何処を触れられても、びくびくと躯が反応してしまう。 堪えても堪えても、声が出てしまう。 恥ずかしい。 まるで淫乱な娼婦みたい。 でも、でも、駄目。 あぁ、また、また感じてしまう。 頭の中が白くなっていく。 あっ、来た。 電気が躯を走る。 いい。 もっと、もっと触れて。 もっと、もっと先生を感じたい。 もっと、もっと包まれたい。』

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop