FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 美沙の凄春その28=跳ねる裸身。

『あぁ、頭の中が真っ白になっていく。 何も考えられない。 あぁ、これが大人の恋? 大人の愛撫? 先生、美沙は狂いそうです。 お願い、もう止めて。 苦しくなってくる。』

「あんっ、あんっ、あぁんんんっ。」
 可憐な唇を震わせて、美沙はか細く啼き続けた。 躯がとろとろと形を失っていく気がした。 一方で、渇いた躯が水を欲しがる様な、痒いのに掻けない様な焦燥感が躯の中で生まれていた。

「あぅぅっっ。 あぁぁ。」
 愛らかった美沙の啼き声が徐々に切なげな、辛そうな啼き声に変わっていった。 町野の両頬を包む美沙の熱い裡腿がぴくぴくと震えていた。 町野は舌を花弁に沿って上へと伝わせた。 舌先がコリっとした小豆程の雌蕊を見つけた。 先程は指に触れられただけで、傷口を開かれた様な痛みを美沙に感じさせた雌蕊が今は肉が焼ける様な感悩の電流を生みだした。 美沙は華奢な上体をばたんばたんと波打つようにペットの上で跳ねさせた。

「あぁぁぁぁぁっっっっっっ。」
 美沙の泣き声が一際高くなった。
 町野の舌が雌蕊から離れる。 唇は花弁から裡腿へと戻った。 昂まった美沙の中の感悩の波が行き場を失って戸惑い、乱れる。 町野は頬に触れる美沙の内腿の熱さで美沙の昴りを推し量っていた。 美沙の啼き声が鎮まり、切なげな吐息に変わっていった。

『この物足りなさは何? 後少し、後一歩で苦しさから突き抜けられそうだったのに。 あぁ、焦れったい。 あぁ、疼く。 躯中が痒いみたいに。 先生、何をしてらっしゃるの。 ぞわぞわと堪らない。 そこじゃないです。 さっきの所を、お願い、舐めて。』    
 
 自由を奪われた美沙の躯がうねうねと蠢いた。 町野の口に秘唇が来る様に本能的に躯をずらす。 町野は心の中でほくそ笑んだ。 再び美沙の雌蕊を捉え、舌先を器用に丸めて啜り上げた。 柔らかでいながらこりっとした雌蕊がぷるると震える。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop