FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 美沙の凄春その27=ゆるゆると。

 町野の舌が美沙の内腿と秘唇の間にある柔らかな肉に到達した。 肉が凹む程強く舌を押し当て、其の儘べろべろと舐め上げる。 かと思えば大きく口を開けて肉を吸い込み、ちゅうちゅうと音を立てて吸った。 くすぐったさが美沙の奥で簡単に感悩に変わっていく。 じるじると感悩が子宮に溜まっていくのを感じていた。 その切ない様な焦れったさを美沙はどうする事も出来なかった。

『ああ、切ない。 堪らない。 なぁに?この疼きは? これが、女の疼き? 辛い。 だんだんと苦しくなってくる。 耐えているのが、辛い。 声が喉に詰まって、いゃっ、恥かしい。 声なんて出せない。』 

 町野は美沙の秘唇に近づきながら、美沙の反応を冷静に推し量っている様だった。 頬に触れる美沙の裡腿がふるふると引くついている。 開きかけた秘唇を避け、町野の口が美沙の股間に遊んだ。 掌を柔らかに使って、口が遊んでいる反対側をゆるゆると撫でていく。 町野は美沙の豊かな胸がぶるぶると震えるのを感じた。 美沙のあわいを甘噛みしながら、笑みが込み上げた。

「あぁっ。」
 突然、躯の中心に電流が走り、美沙は悲鳴を上げていた。 敏感な肉の花弁が町野の熱い唇を感じた。 花弁全体を大きく口の中に入れ、町野は蜜を啜り出す様に吸い始める。 ひっそりと隠れていた粘膜の花弁が肉花の隙間から吸い出され、ふるふるとそよぐ。 そよぐ度に花弁は細い電流を発し、美沙の躯は痺れた。 花弁から滴る蜜を町野は舌を伸ばして吸った。 町野の舌が蜜と唾とにまみれ、ねっとりと滑る美沙の花弁を舐め上げる。 舌が動く度に美沙の喉から抑えた、それが却って聞く者の性を呼び覚ます、そんな響きを持った啼き声が漏れた。
「ぁぁぁんんんん。」
電流に撃たれた躯は震え、喉は艶やかな啼き声を響かせた。 苦しい程の愉悦を恐れた躯の掌がシーツを掴む。 縛り上げられた足首の先で足指が内側に折れ曲がる。
 町野の両掌に美沙の丸く引き締まった尻朶が吸い付く。 町野はその尻朶を大きく揉みながら指を菊華に沿わせた。 ゆるゆると円を描き、町野の指腹が菊華の花弁一片一片を丁寧に愛撫していく。 

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop