FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 美沙の凄春その22=堪えられない。

 羞恥の膜を破って高い啼き声が噴き出した。 町野は血を啜るかの様に乳首を啜った。 同時に中指が粘膜の花弁を撫で、人差し指の腹が雌蕊を刺激する。 細い美沙の背が町野を乗せたまま弓を描く。 子宮は未だ満たされぬ餓えにぎゅるぎゅると彷徨していた。 

 町野は乳首を舌で転がしながら、指をもう一方の乳房に喰い込ませた。 指の間から真っ白な乳肌がむっくりと盛り上がる。 乳房ごと捥ぎ取られる痛みが子宮に向かって走る。 
 痛みと感悩が渦巻きながら子宮を揺さぶった。 

「あぁぁぁぁんんんんんん。」
 胸の奥が燃える熱さに躯が痺れる。 手首に縄が喰い込む痛みも忘れ、美沙の腕が町野の求めて軋んだ。 人の手を知らなかった秘唇の雌蕊はそれと知れる程に燃え上がっていた。 町野の指がふわりと触れるだけで、いや繋がった粘膜の花弁が町野の指にそよがされるだけでびりびりと痺れ、電気が走る。 

『どうしたの、私の躯。 熱い。 躯中が燃えているみたい。 それにさっきから、先生の手が触れる度に私の中を電気が走る。 痛い様な痒い様な、ぴりぴりとした感覚。 それが辛いのに、もっともっとと躯が欲しがって。 ああ、だめ、だめ。 こんなの堪えられない。 あぁ、抜け出したい。 あぁ、心ゆくまで先生を抱き締めたい。 腕を腕を自由にして。』

「あっ、あっ、あっ。 あぁぁぁぁん。 あぅ、あう、あぅ。」
 美沙の桃色の唇が切なげに震え続ける。 背中で縛られた指が必死でシーツを掻き毟る。

「あっ、あぁぁぁぁぁぁん。 いゃぁぁぁぁぁぁっ。」
 美沙は頭を反らせて、啼き声を噴き上げた。 町野の唇は胸の谷間を滑り、鳩尾を伝って、純白のレースの際に達した。 胸で遊んでいた町野の掌が美沙の肌を滑ってきて、そのレースを掴んだ。 丸い尻朶に沿って引き下ろそうとする。 

「いやっ。」

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop