FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 美沙の凄春その16=打たれた頬。

 町野は話しながら、ナイトテーブルの上に用意してあった麻縄の一本を掌に取り、美沙の手首にしゅるしゅると巻いていった。 その手首を易々と片手で押え、逃げようとする美沙の残った手を捕まえる。 すぐに一つに重ねて幾重にも麻縄を巻いていった。 

「さあ、これで心行くまで君を堪能できる。 同時に君も無駄な抵抗に気を殺がれず、恋の悦楽を味わい尽くせると言うものだ。 きっと、後で僕に感謝したくなるよ。」
 怯える美沙の背後に座ると、美沙の細い腰を足で絡め取った。 肩に掛かる髪を掻き上げ、柔らかな首筋を嘗め上げていく。 同時に露わになった乳房の膨らみに両掌を押し付けた。 町野の舌が美沙の蜜を舐め取る様に細い肩から耳元へと這い上がる度に、乳房がびくびくと震えるのが掌に伝わってくる。

「いやいやと口では言っていても、躯はびんびんと感じている。 ほら、感じるだろう。 これからもっと気持ち良くなる。 もう忘れられない程に。 今度は自分から僕に縛って欲しいと願い出る程に。 君は天性の奴隷なんだ。 それは最初のキスで判ったよ。」
 町野は舌を耳元に這わせ、耳たぶからその後ろまでずゅるずゅると音を立てて嘗めまわした。 同時にやわやわと掌全体で乳房を揉みし抱き、その量感と弾力、そして吸い付く様な滑らかさを楽しんだ。 
  
「やめてください。 先生。 お願いです。 こんな縛ったりしなくても私は逃げる積りはありません。 ちゃんと覚悟して来たんです。」
「嬉しいね。 覚悟して来てくれたと言うのは。 でも、いましがた君は抵抗をした。 心は僕に委ねてくれても、躯は初めての事に怯えて逃げてしまう。 それでは、感じきれないんだよ。 本当の恋の歓びをね。 こうやって、自由を失うと君の躯は僕が与える愛撫を受け入れるしかない。 何処までも遠く。 何処までも深く。 自由なんてどんなに邪魔なものか判るだろう。」  
 町野の掌が開き、中指と人差し指の股で美沙の小さな乳首を捉えた。 大きく掌で乳房全体を捏ねながら、指の股で乳首を挟みゆるゆると刺激していく。 

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。