FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 美沙の凄春その6=穢れなき少女。

『もうこんな時間。』
 その週末、美沙はワードローブの前で優美な眉を顰めた。 未だ陽も高い時刻から気が急き、何を着ていこうかと思案し続けていた。 これとようやく決めて袖を通し、鏡に映る余りに幼い姿に落胆したのが最初だった。
 
『今夜、多分私は女にされる。 ううん、女になるの。』
 その思いが美沙を捉え、逡巡させた。 次々に服を着ては落胆した。 どれもこれも今まで着てきた服は子供っぽくて、大人になろうとする自分には似合わない気がした。
 昨日の晩から、課題曲を練習していても、楽しみにしていたビデオを見ても胸の柔らかい肉に小骨が刺さった様に躯の何処かが微かに痛み、落ち着かなかった。 それは、昔修学旅行を前にした時のわくわくとした焦れったさとは違うものだった。
『私は何を怯えているの。 中学の時から憧れ続けた先生とのデートだと言うのに。 先生を独占して、いっぱい好きな音楽の話が出来るというのに。 先生なら、きっと素敵な本当の恋を教えてくれる。 何も怯える事なんて無い。 だって、先生はあんなに素敵であんなに優しいのだから。』
 何度自分に言い聞かせても胸に刺さった小骨は取れなかった。 いや、時間が経つにつれて、それは大きくなり、痛みすら感じる程になった。 

『何を恐れているの。 私は私だもの。 そう、未だ子供。 それで先生に呆れられても仕方ないじゃない。 だって、そう、先生は本当の恋を教えてくれると仰ったんだから、これから大人になれば良いの。 ゆっくりと。 今の私を見て貰えばいい。』 
 心より躯が感じている不安を時計の針で切り捨てて、美沙は一番のお気に入りのワンピースを着込むと家を出た。 陽は未だ高く、空気の中を光り粒が躍って見える程、春の空気は弾んでいた。 胸に入れた空気がふわふわと心地いい。 

『そう。 せっかくのチャンスなんだから、楽しまなくっちゃ。』 
 美沙は柔美な唇の端を意識的にきゅっと上げ、自分に微笑みかけた。 地下鉄の窓に凛と微笑む少女の顔が映る。 その顔は何処までも穢れを知らぬ気に透明な輝きを放ってみえた。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。