FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 美沙の凄春その1=出会い。

☆ 今日から「アンドロメダな朝」番外編「美沙の凄春」を連載いたします。 アンドロメダ同様ご愛読いただけると嬉しいです。

美沙の凄春

『わあ、綺麗な顔。 眩しいくらい。 あんな男の子がいるんだ。 凛々しさの中に子供っぽい幼さと大人顔負けの知性が溶け込んでいる感じ。 それにしても涼しい眼。 爽やかな風が吹くみたい。』

 朝八時の大宮行き京浜東北線。 週に一度、朝一番から授業がある月曜日。 美沙は来週もきっと今日と同じ両目の先頭に乗ろうと心に決めた。 

 少年はすらりとした長身を今時珍しい詰め襟に身を包んで、春の朝陽を浴びて涼やかに戸袋に背を凭せ掛けていた。 時折、横腹を友人らしい幾分子供っぽい丸顔の少年に突かれ、横顔を見せる。 優美な鼻梁と涼しげな眼差し、それに引き締まったそれでいて愛らしい口元。 電車を降りるまで、しばしの目の保養と美沙は魅せられた様に少年を観察していた。 

『あぁ、あんな綺麗な男の子とデートしたかったな。 手を繋いで明るい街を歩き、ショーウインドを冷やかして笑い合う。 映画を見てお茶をしながら批評し合い、美味しい食事をして、ライブハウスで盛り上がって、キスをして。 そう、遊園地もいいな、ジェットコースターで悲鳴を上げる彼をからかって、ちょっと怒った彼のほっぺにキスをする。 ソフトクリームにハンバーガー、きっと綿飴も買って貰おう。』

『彼が新三年生として一つ、二年生だとすれば二つも年下よ。 美沙ったら、意外と年下好みだった? 中学の時に大人の町野教授に初恋したくらいだから、てっきり年上好みだと思ってたのに。』
 美沙は自分の妄想に可笑しくなって、一人吹き出しそうになっていた。 

「次は鶯谷、鶯谷です。」
 車内アナウンスが流れ、列車がホームに入る。 美沙は慌ててドアに向かった。美少年の右手のドアが開いた。 通り過ぎる瞬間、少年と眼が合った。 二人の間を何かが走った気がした。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。