FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2593=焼いてしまいたい。

 咲織の啼き声を聞き、清水は更に剥き出しの秘芽をぐにぐにと親指の腹で転がし始めた。 肌を焼き、肉に浸み込んでくる熱蝋の痛みに鮮烈な秘芽からの感悩が咲織の中で重なった。 マゾの血が沸騰して、肉を煮溶かし始めたのを咲織は知った。 その変化を隠そうとして隠し切れず、否、隠す努力さえ放棄させて肉慾は昂ぶった。 咲織は肉に縄をめり込ませて、躯中で啼いた。

「また、堪ったぞ。」
 早坂が和蝋燭の火口を掲げた。 清水はバイヴを切り、男達は掌を止めた。 
「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ。」
 燃える様な熱蝋の川が咲織の秘唇のすぐ傍らの真っ白な柔肌を紅く染めていく。 熱が直に秘唇に花びらに伝わった。 錐を突き立てられ、ぐりぐりと肉を穿たれる痛みが女の大切な器官を襲う。 咲織は堪らず、唇を尖らせ、哭いた。 

「もっと啼け。 感じろ。」
 咲織の悲鳴が弱弱しくなるのを待って、男達はまた咲織の肌を貪る。 バイヴが唸りを上げて尻肉を捏ね回し、男達の掌が肌と言う肌を這い回る。 

 熱蝋の痛みに一瞬陰を潜めた掻き毟りたくなるような粘膜の、全ての肌の痒みに似た感悩の炎が再び咲織を焙った。 否、熱蝋の痛みに震えた肉の中でそれらは一層激しさを増して咲織を内側から責め苛む。 

「あぁぁぁぁ。 あぁぁぁぁぁ。 いやぁぁぁぁぁ。」
 咲織は竹竿の上で、茹でられる蟹の様に広げられた裸身を捩り続けた。 

 サディスト達は粘り強く獲物が自ら罠に身を委ねる時を待っていた。 命ある物の誇りを失い、凌辱者の掌に堕ちる時を。 咲織の白い肌が殆ど紅い蝋流に侵され、水平に伸ばされた手脚を除けば、桜色も濃くして濡れる秘部だけとなるまで、飽く事無く、幾度も蝋涙を垂らしては哭かせ、その掌で感悩を呼び起こしては裸身を捩らせ続けた。 

「欲しいか。 ご主人様の前でこのお満子を犯して欲しいか。 それとも、この奥の奥まで熱蝋で満たして欲しいか。」
 清水が粘膜が透き通るまでに紅く潤んだ秘芽を弄りながら、言った。 

『あぁ、も、もう、耐えられない。 痒い。 焼いてしまいたい。 あそこをこの肌を。 あぁ、このままこの苦しみを与え続けられたら、本当に狂ってしまう。 お許しください、ご主人様。』

 じじじと言う和蝋燭の燃える音が耳朶を打った。 秘唇を焼かれる事は怖くなかった。 むしろ、今も激しく躯を揺さぶり、全ての神経を焦燥させる増す一方の痒みを止められるなら、いっそ焼いてしまいたかった。 それ程までに咲織の肉は沸騰していた。

☆↓今日もお読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。