FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2558=か細い喉。

『飲めと・・・。 この人達の小水を飲めと。 あぁ、従うしかない。 何を命じられても。 それが奴麗。 ご主人様から貸し出された奴麗。 見捨てられた奴麗。 何も、もう何も無い。 僅かな誇りも、人としての恥じらいさえも。』

「あぁぁぁぁ。」
 咲織は一瞬の沈黙の後、胸に詰まった血を流す様に啼き声を細く棚引かせた。
「どうなんだね。 咲織さんの便意だけ処理させて我々の尿意はほったらかしかね。」
 早坂の肉棒が咲織の頬をぺちぺちと打った。 余りの恥辱に咲織のか細い喉は啼く事さえ忘れ、ただひくひくと引き攣る。 

「あぁぁ。 どうぞ、この口に・・・。 この口に放って・・・。 あぁぁぁ。」
 胸の痛みに泣くよりも悲鳴を上げる菊華の痛みに咲織は啼いた。 麻縄を自ら肉に喰い込ませる様に、華奢な裸身を捩らせる。 逃げられるものがあるなら、柔肌が痛んでも構わないとばかりに。
「そう、この口を文字通り便器代わりに使ってもいいんだね。」
 早坂は止めを刺した。
「あぁぁぁ。 この口を、この口を便器代わりにお使いください。」
 痛みを怖れを吐き出す様に咲織は叫んでいた。 何かが壊れた気がした。 壊れてもいいと思った。 

「聞いたかね? 咲織さんはこの愛らしい口を我々に便器として使って欲しいそうだ。」
 早坂の言葉に男達が相槌を打つ饗宴の前の騒めきが咲織の胸に突き刺さる。

 早坂は待った。 咲織が限界を迎える時を。 とことん堕ちるのを。 
「あぁぁぁぁ。 うわぁぁぁぁ。 あぁぁぁぁ。」
 もう言葉にならなかった。 咲織は華奢な裸身を捩じ切らんばかりに捩った。 がくがくと開かされた脚が痙攣を見せる。

 早坂は無言の儘、咲織の背後にいた悠介に顎をしゃくった。 悠介は心得顔で、咲織の尻たぼから生えた護謨球をの尾栓を外した。 空気が漏れる音が湿った静寂に響く。

「あぁぁぁぁぁぁ。」
 咲織が悲痛に啼くと同時にぽんと軽い音を立てて、黒い護謨球が床に転がった。 一拍を置いて、叩かれ続けて朱に染まった咲織の丸い尻たぼの間から白いシャワーが飛び散る。ばしゃばしゃと牛乳が大理石を叩く音は咲織の願いを無視して何時までも止まらなかった。 

『あぁ、終わり。 もう、何も無い。 私には何もない。 こんな姿を知らない人に見せた女はご主人様に捨てられるしかない。 もう、もうお終い。』

 咲織は躯に巻き付いた縄に倒れ込んだ。 

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。