FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2554=桃色の柔肌。

「その精で汚れた口で私の物を咥えなさい。 何処までも堕ちなさい。 堕ち果てた姿を見せろ。」
 鞭打たれながらマゾの悦びに喘ぐ咲織の紅い唇に、清水は己の硬直を押し込んだ。 頭ではなく、はふはふと息苦しさに揺れる胸球を絞る様に掴み、咲織の唇が己の腰に着くまで一気に突き入れる。 

 絞られた胸球の血がクリップに咬まれた蕾に流れ込み、じんじんと熱い痛みを発した。 辛さに仰け反ろうとする躯を麻縄が咎め、胸の上下が引き絞られる。 奴麗には苦しみにのたうつ自由さえも与えられてはいなかった。 

『あぁ、苦しい。 苦しい。 感じる。 燃える。 もっと、もっと、堕ちればいい。』

 咲織は苦しみにただ耐えるしかなかった。 圧倒的な感覚の奔流の前に羞恥心すら浚われ、本能だけが剥き出しなる。 痛みに、苦しみに感覚は慣れるどころかますます先鋭化し、肉を揺るがし、骨にまでずきずきと突き刺さる。 

「オレも、もう堪らん。」
 中島は鞭を悠介に渡し、咲織のくねり続ける尻たぼに取り付いた。 太い指を朱に染まった艶肌に指を喰い込ませ、己の物に引き付ける。 咲織の足首を繋いだ金輪が伸び切り、華奢な躯が浮き上がった。 

 男優をしている中島の太く長い物が咲織の狭い秘鞘を押し広げ、躯の中に土足で入ってくる。 既に濡れに濡れていた咲織の秘唇は軋みを上げながらも、拒むことなく受け入れていた。

「うぐぅ。 あがぁ。」
 清水に塞がれた咲織の口から苦しげな呻きが漏れる。 只でさえ細い脹脛が切れ上がり、華奢な背がのたうつ。 その背を佐竹と悠介の鞭が容赦なく打ち据えた。 

 鞭の痛み、熱蝋の熱さ、麻縄の軋み、浣腸の辛さ、肉の悦び、マゾの血の沸騰、あらゆる感覚が咲織を襲った。 啼く事ものたうつ事も許されない縛められた躯の中で感覚が渦巻く。 その疼く血を表してか、咲織の肌は桃色を濃くして光り、躯全体から甘い蜂蜜の香りを漂わせた。 その香りに、悶え続ける美しい躯に男達は昂ぶり、猛った肉慾を咲織にぶつけた。 男達は本能の儘に咲織の躯を貪った。 鞭を叩き付け、熱蝋を垂らし、口をそして秘唇を犯した。 人権も意志さえも無視される奴麗として、咲織は男達の慾望を一身に受けた。
 
 清水が咲織の口に放ち、喉に粘つく精に開いた咲織の口は咳き込む前に勝山の硬い物で塞がれ、中島に精を打ち込まれて朱を濃くした柔らかな粘膜の花は、慎ましやかに閉じ切る前に佐竹の太い物に散らされた。 

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop