FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2553=軋む麻縄。

「うおおっ。 飲めっ。」
 咲織が込み上げる吐き気に咽ぶのも構わず、杉山は己の物を咲織の口に突き入れた。 喘ごうとする頭を力強い腕が抑え込む。 咲織は激しく咳き込んだ。 鈴は細い鎖を千切らんばかりに揺れて、高く鳴った。 麻縄を食い破る様に胸球がのたうつ。

「あぁぁぁぁ。 逝っくぅ。」
 悠介は女の様な高い声を上げた。 咲織の麻縄に縛められた細腰が折れる程に抱き付き、熱い物を咲織の中に突き入れて、上半身を震わせる。

 二人の男はほぼ同時に達した。 喉と秘唇の奥の粘膜を精が打つのを咲織ははっきりと感じた。 咲織は逝った。 逝きながら、二つの物を放さまいとする様に吸い上げる。 そののたうつ背に鞭は打擲し続けた。 熱蝋は肌を焼いた。

「あぁぁぁぁぁぁ。」
 二人が離れても、咲織はその華奢な裸身を痙攣させ、救いを求める様に赤い唇を宙に泳がせ続ける。 白い肌は桃色に照り光っていた。 

「この女、逝ったぞ。 鞭打たれ、熱蝋を注がれ、口と秘唇を犯されながら逝ったぞ。 本物だ。 本物のマゾだ。」
 清水は唾を飛ばして叫んだ。
「本当にマゾだな。 それも凄いマゾだ。」
「なんて、婬らな喘ぎ顔。 清楚で幼さすら感じられる顔だけに、ぞくぞくする。」
「こんな顔を見ていたら、また起ってくる。」

『言わないで、言わないで。 本当に逝ってしまった。 あぁ、ご主人様以外の人に侵されて、逝ってしまうなんて。 鞭打たれ、熱蝋を注がれ、前後を侵されながら逝ってしまうなんて。 ご主人様に会わせる顔が無い。 もう、会えない。 なのに、なのに、まだこの躯は。 欲しがってる。 もっと、もっとと私を駆り立てる。 なんて、躯なの。 なんて、汚らわしい女なの、咲織と言う女は。』

 咲織は躯の裡側から膨れ上がる愉悦に裸身をくねらせ、そして心の襞を鋭い爪で引っ掻く男達の言葉に肉を捩らせた。 躯が感じる痛みに心が感じる痛みが重なり、マゾの血がどくどくと流れていく。 咲織は目隠しの下で泣きながら、どうにもならない肉の疼きに身悶えた。

「ほら、啼け。 もっと啼け。」  
 佐竹がのたうつ咲織の背を打った。
「あぁぁぁぁ。 あぁぁん。 はふぅぁん。」
 びしっ、ばしっと言う鞭の音が響く度に咲織は麻縄を軋ませて華奢な裸身を捩った。 肌を裂かれる痛みが肉に浸み込み、マゾの血がその痛みを愉悦に変えていく。 

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。