FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2548=好奇の眼で。

「うぅっ。 うぅん。 はぁ、はぁ、はぁ。 あうん。」
 咲織は唯一動かせる細首を捻り、杉山の物を扱き上げた。 じゅぽじゅぽと婬らな音が浴室に反響する。 その音がまた男達を昂ぶらせると知ってか、知らずか、咲織は頬を狭め、唇だけでなく頬肉全体で杉山の肉傘を包み、圧縮し、楔形の肉棒の根元まで自らを刺し貫かせるように大きく扱いた。 

『逝って、早く。 早く、逝ってください。 私の口に精を放ってください。 何処までも穢してください。 この汚れ果てた奴麗を。 肉便器を。 あぁ、感じる。 脈打つのが。 感じる。 疼く。 躯が熱い。 もっと、もっと感じたい。 もっと、もっと堕ちたい。』

 咲織は自ら背徳で穢れた海に溺れようとしていた。 奴麗となった肉体がその海で昏い歓びに震える。 女は心が動かなければ何処をどうされても苦痛しか感じない。 そして、一度感悩の海に溺れ始めた女の躯は何処をどうされても感じてしまう。 躯中が感器になる。 その事がどんなに哀しくとも、口惜しくとも止められはしない。 まして、そういう資質を受け継ぎ、そういう躯に調教され、そういう心映えを植え付けられた奴麗は、苦しい程に、恥ずかしい程に、そして哀しい程に、躯が感応に染まっていく。

「駄目だ。 もう限界です。 悪いけど、お先に。」
 悠介は叫ぶ様に言うと、脱ぐのもまどろっこしそうにズボンを下した。 気を利かせた中島の位置に陣取ると、下腹を叩く屹立を掌で抑え咲織の秘唇に宛がった。

「おぁっ。」
 悠介は小さく雄叫びを発して、突き出させられた咲織の尻たぼに滾った腰を突き入れる。
「うがっ。」
 咲織は杉山の物を含んだまま、紅い唇を呻きに波打たせた。 細い首に苦痛故か、堪えきれない愉悦のためか筋を走らせ、たわわな胸球を揺らして喘ぐ。 腰と胸とを麻縄に固定された華奢な背がきゅうと深い弓を描く。 天使の翅痕が辛そうに喘いだ。

「咲織さんが悦んでるぞ。 水口君、頑張れ。 応援してやる。」
 中島は掌の中の護謨球を潰した。 バケツの中のミルクの水位が下がる。 悠介の腰にぴったりと密着した尻肉が固く引き締まり、えくぼを作る。 佐竹の腕の中で引き締まった太腿がぷるぷると痙攣を見せた。

「堪らんな。 咲織さん相手ならこの年で楽々二度目、三度目が楽しめそうだ。」
 早坂は醜い下腹の脂肪を波打たせて、笑った。
「上と下、否、今は前と後ろか。 二つの口を侵された女、浅黒い肌に挟まれた白い肌がこんなにも美しいとは。 だが、ただ慾望の儘に侵すのでは、折角のモチーフが勿体ない。」
 清水は赤い和蝋燭を早坂に渡した。 自らは少し離れて、慾と好奇に光る眼を咲織の裸身に向けた。 

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 


関連記事

PageTop