FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2547=異常な感覚。

「咲織さんが自分から舌を使っている。」
 悠介が呆れた様に言った。
「短い間に調教出来た訳だ。 形だけの奴麗が心からの奴麗へと脱皮した訳だ。」
 早坂の言葉に男達は頷く。 そして、一斉に咲織の裸身に取り付いた。

「心からの奴麗になったとあっては、心の底まで楽しませてあげなきゃな。」
 中島は咲織の尻たぼに取り付き、その艶やかな肌に舌を押し付けながら、菊華から伸びた浣腸器の護謨球をゆっくりとゅっくりと押していく。 

「あぁ。」
 自ら羞恥に身を浸して苦しみを忘れていた下腹に無理やり液体が注ぎ込まれるのを覚えて、咲織は杉山の物を吐き出し、小さく呻いた。
「しゃぶってくださいと言った筈ですが。 どんな時でも、奴麗は命令に忠実でなくてはいけません。  どんなに苦しくても、痛くても、しゃぶれと命令された以上、俺が満足してもういいと言うまでは、俺の物を口から放してはいけません。 躯に与えられた苦しみも痛みも飲み込むのです。 哀しみもね。 それが奴麗です。 それが、奴麗を美しく、かけがえの無い物にする。」
 杉山は咲織の高い鼻を撮んだ。 半歩前ににじり出て、息苦しさに開いた咲織の口に己の物をぐいと押し込む。 目隠しの下で涙を流し、えずきながらも、咲織は口の中の肉傘に舌を絡めた。 溢れ出る自らの唾液を啜り込む。 

「それにちょっと苦しいからと言って、一々口から放していたんじゃ、何時まで経っても私は逝きませんよ。 それだけ長く苦しみが続くだけです。 そうそう、その舌遣いです。 傘の裏も舌先で舐めてください。」
 命じられた儘に咲織は舌を尖らせ、杉山の肉傘に押し付ける。 精一杯に力を込めてその舌を回す。 細い首筋にその動きを示して腱が走る。 細い鎖骨が喘ぐ。 

「元々若さの詰まったおっぱいが、一層はちきれそうになってる。 これはいい。 この揉み応え。 堪らないですよ。」
 勝山は麻縄で縊られ、まるで欄干の宝珠を思わせて飛び出した咲織の胸球を揉みし抱きだした。 肉球を揉みながら、その頂きの蕾を掌で捏ね回し、時に撮む。

 もう片方の胸球は清水の掌で弄ばれていた。 柔々と掌全体を柔肌に這わせ、跪いてその胸球の根本の柔らかな肉を口に含んでは甘噛みする。

 悠介は細く括れた腰の暖かく息づく肉に頬を押し付け、佐竹はすらりと伸びた太腿に抱き付く様にして撫で回していた。

 じわじわと下腹の苦しみが膨れ上がろうとしていた。 その上を躯中から感悩の波が押し寄せてくる。 咲織はそれら全ての異常な感覚をぶつける様に杉山の物をしゃぶった。


☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop