FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2540=吐き気。

「いい声だ。 この年でもむくむくと起き上がってくる。」
「僕なんかとっくに、もうビンビンですよ。 それを咲織ちゃんが身悶えし、自分から欲しいとねだり出すまでと我慢しているんです。 幾ら先生でも先駆けは許しませんよ。」
 既に何も身に着けていない早坂に悠介が抗議の声を上げた。 

「確かに咲織さんが堕ちるのを待つのも一興だ。 が、護謨球で完全に菊華を塞がれ、液を注入され続けて出すに出せない苦痛にのたうち、腹が爆ぜる恐怖に慄く咲織さんの美貌を見ながら、その愛らしい口を犯すこと以上に楽しい事も無いだろう。」
 勝山の言葉に男達は眼をぎらつかせ、頷いた。

「そういう事だ、水口君。 この咲織さんが自らおねだりしたくなるまで責める楽しみは、皆がこの口を愉しんでからでいいだろう。 その方がみんな純粋に責めを楽しめると言うものだ。」
 早坂は咲織の頬を両掌で包み、ぐいと自分の腰まで持ち上げた。 早坂の目論見を助ける様に杉山は空気入れを潰す。

「あぁぁぁ。」
 菊華が裂ける痛みに咲織は背を仰け反らせ、開いた唇を震わせる。 悲鳴を迸らせようとした瞬間を狙って、早坂は太く漲った肉塊をその口に突き入れた。 
「うぐっ。」
 悲鳴を押し込まれた咲織の躯がびくんと跳ねる。 黒い目隠しの下から涙が頬へと流れ落ちた。 床に突いていた小さな掌が支えを求めて、宙を彷徨う。 勝山はその掌を早坂の腰へと誘った。 咲織の細い腕は苦しみの中で躯を支えるために、その苦しみを与え、凌辱している男にしがみ付くしかなかった。  

 崩れ落ちようとする咲織の躯は未だに柔肌を味わい、若い肉を愉しむ男達の掌で宙に支えられた。 息を求め、躯の中から溢れ出す悲鳴を吐き出すために早坂の物を吐き出そうとしても、早坂の掌が頭を掴んで逆に肉塊を口いっぱいに押し込まれた。

 逃れられず、堪り続ける苦痛に咲織の躯は男達の掌を跳ね除ける様に突っ張った。 その苦悶の末の抗いさえ、男達を愉しませる。 暴れる力が強ければ強い程、それは腕の中の性の供物が味わっている苦痛が大きい事を示していた。 ただのたうつ美しい供物の姿を眼で味わうより、その悲鳴を聞くよりも、直接供物の苦悶が体に伝わってくる。 男達は腕の中の供物にむしゃぶりついた。 

「美味い。 美味い。 もっと啼け。 もっと悶えろ。」
 咲織の胸球を押し潰さんばかりに指をめり込ませ、喘ぎ続ける背に口を押し付ける清水の言葉が男達の気持ちそのものだった。
「ほら、啼け。 口を早坂さんの太い肉棒に塞がれていては、啼けないだろうが。」
 杉山は白い牛乳で満たされたバケツに咲織の菊華から伸びた護謨管の先を沈めた。 

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

関連記事

PageTop