FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2538=ひりひりと。

『苦しい。 苦しい。 崩れてしまいそう。 ご主人様、ご主人様。 守ってください。 どうか、どうか。』

 昏い視界の中で三宅の顔が滲んでいく。 辛うじて肉慾の波間に見えていた三宅の姿さえ失い、咲織は溺れた。 息を吸えば肉慾が肺腑を侵した。 吐き出そうと喘ぎ、咳き込むほどに肉慾が細胞の隅々まで浸みていく。 瞳を見開きながら、堕ちていった。 

 生きていると言う実感さえ失った咲織の躯で、性の神経だけがびりびりととき済まされていた。 掌と言う掌を、唇と言う唇を咲織の柔肌は感じ分け、それぞれが微細に動くのにつれて、感悩の電流を発した。 

 全身が文字通り感器となっていた。 柔肌を見知らぬ掌が撫でる度に愉悦が走る。 敏感な粘膜を穢れた舌が這う度に歓喜に肉が震えた。 そして、昏い歓びに浸る肉の奥で、女の中心は疼きに疼き、今にも肉を飛び散らせて爆ぜそうに膨らんだ。 

 咲織は脂汗を滲ませて男達の掌の中でのた打ち回った。 その獲物の断末魔の痙攣に男達は奮い立ち、一層熱を込めて獲物を愛撫する。 

 悦びと苦しみ、歓喜と哀しみが咲織の中で蜷局を巻き、共に肉を貪り喰った。 穢れに侵されながら、咲織の肉は爛れ、悦楽と言う血を滴らせる。 咲織は喘ぎ、震え、声も無く嗚咽した。 

「ぐわっ。 あぁぁ。」
 早坂の口を弾くように咲織は躯を跳ねさせ、悲鳴を上げた。 感悩に浸った肉を全く違う感覚が稲妻の様に駆け抜けた。 
「ふん。 初めてでもないだろうに。 この強力なアヌス栓、使われた跡があったぞ。」
 杉山は男達に咲織の尻たぼを割って生えている三つの黒いゴルフボール大の護謨球を指で示した。 桃色の菊華を押し開き、先に咲織の中に入れられたもう一つの球が顔を見せている。

「直腸の中に三つの護謨球。 そして菊華の端から漏れるのを防ぐ蓋代わりの護謨球が一つ外から菊華を挟み込む。 空気を入れなくてもこの大きさだ。 空気を入れていったら、その苦痛は如何ばかりか。 想像するだけでも、ぞくぞくする。」
 杉山は飛び出した護謨球の一つをぐいと押し込む。 黒い護謨球がその姿を咲織の中に没するにつれて、桃色の菊華は裂けるほどに薄く伸び、そして内側へと引き込まれていく。 

「いゃぁぁぁぁぁ。」
 咲織は躯の中心から引き裂かれる痛みと怖れに裸身を強張らせる。 男達は咲織の肌を舐め回したままその悲鳴に婬猥な笑みを浮かべた。

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 

関連記事

PageTop