FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2536=魔薬。

 中島は厚めの口を開いて、きゅっと窄んだ菊華の周りの柔かな肉ごと啜り込み、舌を粘膜の襞に這わせた。 尖らた舌先で襞の一つ一つを開いては体液ごと舐め取る。

 蛞蝓が敏感な粘膜を這い、あまつさえ躯内に入り込もうとする異様な感覚に咲織の躯を嫌悪が走る。 咲織の平らな腹は声なき叫びに蠕動した。 小さな肩がぷるぷると堪えていた。 

「ずるいなぁ、中島さん。」
 悠介は咲織の裸身が描く優美な台形の中に体をこじ入れた。 蠕動し続ける下腹に吸い付き、舌を這わせ始めた。 その掌は唇を誘導するように下腹からぷっくりと盛り上がった恥丘へ、そして柔らかな下の唇へと押し進む。 咲織の躯はその動きにびくんと警戒の緊張を見せる。

「うんまい。 うんまい。」
 早坂は咲織の巻き毛を掻き上げ、しっとりと汗を浮かべたうなじを味わい始めていた。 熱く濡れた唇で繊細な咲織の肉を噛み、ねっとりと舌を這わせる。 

「いい味だ。 甘い香りまでする。」
 清水は肩甲骨の美しさを掌に愛でながら、小さな腋下に舌を伸ばした。 滲み出る汗を啜る微細な振動が咲織の肉に響いてくる。 

「暖かい。 そして、弾んでくる。」
 佐竹は咲織のきゅっと絞られた脇腹に食らい付いていた。 歯を立てんばかりに柔肉を大きく口に入れ、柔肌にべっとりと舌を押し付けては肉ごと浚う。 口の端から涎が垂れるのも構わず、舐め回した。

「ふふ、若い、若い。 若さが張り詰めている。」
 勝山は華奢な咲織の躯横から食み出した胸球が描く丸に沿って舌を這わせていく。 柔らかな肉は舌に押されて動き、更に盛り上がる。 我慢ならないと言う様に勝山は咲織に吸い付いたまま首を振った。 胸球にぴったりと押し付けられていた掌が蠢き、その指腹で怯えた蕾を捉えると、くにゅくにゅと転がしだした。

 躯中を異様な肉に覆われ、無数の蛞蝓が柔肌を這い回り、蛭が血を啜る。 おぞましい感覚が咲織の中で爆ぜる。 全身の柔肌が総毛立ち、悪寒が肉を痙攣させる。 それでも咲織は喉を震わせて悲鳴を堪えた。 

 おぞましい肉も、蛞蝓も、蛭も振り払う事は出来なかった。 それどころか、時と共に異形の軟体動物たちは我が物顔で咲織の柔肌の上を這い回った。 おぞましさの後から、もっとおぞましい魔物が這い昇ってくる。 その魔物は咲織の躯が産んだものだった。 おぞましければおぞましい程、穢らわしければ穢らわしい程に、魔物は大きくなっていく。

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop