FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2506=溺れて。

「ぐはっ。」
 麗子は血の息を吐いた。 そして、再び麗子の裸身は深海の淵から浮かび上がる。 全身の血が一気に流れ出す。 その脈打つ肉体に生の悦びがどっと押し寄せる。 麗子の肉体はその性の悦びに自ら溺れていく。

「あ~~~っ。 逝く~~~。」
 命からがらに麗子は三宅にしがみついていた。 しがみ付きながら、悦びをその啼き声に載せて発散させる。 
「俺もだ。」
 三宅は麗子の骨が軋みを上げ、砕ける程に抱き締めた。 子宮さえ突き破ろうとするように深々と己をその躯の中に突き入れたまま、筋肉をぶるぶると熾らせた。 

「あぅぁ~~~~~んっ。」
 一声高らかに啼き上げると、麗子の躯からふっと生気が消えた。 三宅の背にしがみついていた両腕が力なく畳に落ちた。 三宅は麗子から己れの物を引き抜いた。 上から覗く咲織の瞳に、まだ赤々と燃え立つ麗子の花びらからぬらりと白濁した粘液が名残を惜しむ様に糸を引くのが見える。 咲織は背を反らせて、声も無く哭いた。  

「起きろ。」
 三宅は無造作に肩を掴んで麗子を引き起こす。 
「清めなさい。」
 麗子は揺さぶられても、まだ物憂い虚無の中にいた。 三宅は片手で麗子の躯を支え、平然と麗子の熱い頬に平手を飛ばした。 

「はい。」
 麗子は頬を打たれた口惜しさも、痛みさえも貌に現わさなかった。 ただ朱い手形を押された柔らかな頬を三宅に向け、まだ眼の前にそそり立つ三宅の熱棒に掌を差し伸べる。 袋ごと恭しく捧げ持ち、ふわりと開けた唇を自ら寄せていく。

 肉傘を口に含むと、唇をきゅっと閉じた。 肉傘に押し付けられた舌の動きそのままに頬の膨らみが円を描く。 時折喉がごくりと上下した。 三宅の精と自らの愉悦の残骸を飲み込む度に、虚ろだった麗子の眼に生気が蘇っていく。 臈長けた娼婦さながらに麗子は長い睫毛を持ち上げ、上目使いに三宅を見遣った。 ずゅると音を立てて、口の中の熱いものを啜ると、横笛を吹くように唇を三宅の物に這わせていく。 紅い舌を巻き付ける様にして、先端から根本へと三宅の物を舐め取っていく。 

 麗子の口技に自らの物を委ねきっている安心感が三宅の肩の柔らかさに現れていた。 引き締まった尻肉の昂ぶりが再び麗子の口技を愉しんでいた。 その光景が咲織の胸に巻き付き、締め上げてくる。 その窒息の中で、秘唇は女の悦びを求めてずきずきと脈打った。 

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。