FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2505=窒息。

「あ゛がぁ~~~~~。 ひゃぁ~~~~~。」
 息を吹き返した麗子は一層高く啼いた。 白い腕が三宅の浅黒い背でぶるぶると踊る。 みやけに絡み付いていた脚が、天に向かって痙攣を見せた。 紅い爪先が握りこまれて、自らの肉に埋もれようとしていた。

「うおぉ。」
 三宅は背を硬直させて、雄叫びを上げた。 筋肉を漲らせて、麗子に己れを叩き込む。 
麗子の躯はその波間に漂い、跳ね上げられた瞬間、奈落に突き落とされては、浮かび上がった。 

 それは婬らさを超えて、凄絶な野生の命の営みを感じさせた。 二匹の野獣が互いに命を貪り合い、そして、命を高め合う。 流れ出る美しい汗が二人を一つにしていた。 

『あぁ、ご主人様が抱いてるのは私じゃない。 麗子さん。 麗子さんをあんなに情熱的に。 私は、私は。 あぁ、欲しい。 私を滅茶滅茶にして欲しい。 私に精を注いでください。 この躯にご主人様をください。』

 咲織は偽りの興奮からふと目覚めた。 目覚めた処に広がっていたのは、灰色の疼き地獄だった。 眼下の二人が一つになればなるほど、咲織は孤独を味わった。 孤独が疼きと言う毒を持った爪を咲織の肉に突き立て、引き裂く。 咲織は檻の中で、独り身動きできない躯を捩った。 檻が傾ぎ、鎖が虚しく鳴った。 

「あぁ。 駄目、駄目。 も、もう。 許して。 怖い、怖いです。 もう、壊れます。」
「逝け。 感じろ。 突き抜けろ。」
 三宅は腰を躍動させ続けた。 
「あがぁ。 い、逝くぅ~~~~~んぅ。 あぁ。」
 麗子は白目を剥いた。 波打つ紅い唇の端から、涎がつーっと流れる。 啼き声が途絶え、白い裸身は深い海の底へと落ちていく。 

「逝けぇ。」
 三宅は麗子の細首に手を掛けた。 ぐいと絞め上げる。 麗子の顔が赤黒く歪む。 紅い唇が空気を求めて宙に彷徨った。 切れ長の眼から意味のない涙が滴る。

 三宅は麗子の首を絞めたまま、深々とその躯を侵した。 断末魔の痙攣をその熱棒に感じ、一層激しく麗子の肉を貪り味わう。

 麗子の顔から血の気が引き、命の無い白さを見せ始める。 
「逝け。」
 三宅はようやく麗子の首から掌を離し、その強張った頬を打った。

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop