FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2504=鳴き枯れて。

「啼けっ。」
 三宅はまるで麗子の乳首を破裂させようとするように渾身の力を放った。 三宅の指の間から麗子の乳首が熟した桜桃となって零れる。 

「あぁ~~~。 逝く、逝く~~~。 逝ってもいいですか~~~~~。」
 麗子は三宅の肉体を弾き飛ばさんばかりにその嫋やかな背を弓と張った。 黒髪を畳の上に乱れさせ、つんと尖った顎を突き上げて声を限りに啼く。 

 躊躇勝ちに三宅に回されていた麗子の指が、はっきりと意思を持ってその逞しい筋肉に喰い込んでいく。 自分の中をどれ程激しい嵐が吹き荒れているかを三宅に知らせようとする様に。 そして、己れの生きた証しを刻もうする様に。 

 麗子の興奮は咲織の秘肉を直接揺さぶった。 麗子が感じるままに咲織もまた感じた。 その瞬間は耐えがたい苦痛、それが過ぎ去った後には気怠い躯だけが残る巨大な感覚の奔流。 そして、息を吹き返した後からは、またその奔流に呑まれたいと躯が哭く。 その何時までも飢えた野良猫の様な疼きを今は忘れて、咲織は躯を震わせた。

「逝け、逝きまくれ。 壊れるまで逝け。」
 三宅は麗子の痛ましい鞭痕を浮かべた乳房にその無骨な指を錨と打ち込み、さらに激しく腰を打ち付けた。 

「あぁ~~~。 また、また、逝く~~~~~。 あぁ~~~ん~~~。」
ぱんぱんと肉と肉が刻む音リズムに乗って、麗子の啼き声が婬らな調べを奏でる。 白蛇さながらにむっちりとした脚はその命までを喰い尽くそうとする様に三宅の背に絡み付く。

 三宅は麗子の渾身の力を跳ね除け、その熱棒を麗子に打ち付けていく。 仰け反らせた麗子のうなじに筋が浮かび、断末魔の艶啼に震えた。 

「いぐぅ~~~~~ぅ。」
 一際高い啼き声を吐き切ると、麗子の肢体から力が抜けていった。 切れ長の眼は大きく見開かれたまま、何もその眼に映してはいなかった。 ただ、紅い唇だけが声も無くわなわなと歪み続ける。 

「まだだ、と言っただろう。 もっと逝け。」
 三宅の指が麗子の喘ぐ乳房に潜り込む。 片手は乳首をその指の中で潰しに掛かっていた。
「はひぃっ。」
 痛みに麗子の肢体が跳ね起きる。 突き上げた腰を三宅の灼熱が深々と侵した。

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。