FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆その2503=妄想。

 三宅は麗子の白い脚を両肩に抱え上げた。 裸の腰を麗子の無毛の股間に押し当てる。 麗子の指が躊躇いがちながらも三宅の物を探し当て、そっと自らの秘唇に導く。 

「あぁ~~~~~。 あふあぁん。 あぁ~~~ん。」
 三宅は麗子の乳房を握り潰したまま自分の体を支え、硬直した熱棒を突き入れた。 麗子は乳房の痛みにか美貌を歪めながらも、紅い唇を震わせて高らかに啼く。 自ら腰を突き上げ、三宅の物を奥へと誘う。 閉じられた睫毛はふるふると戸惑い、柔らかな頬は婬美に喘いだ。

『ご主人様が、麗子さんを深々ふと。 麗子さんの躯がまた輝きを取り戻して。 あぁ、ご主人様に私も抱かれたい。 この身でご主人様を感じたい。 あぁ、欲しい。 欲しいです。 ご主人様。』

 まるで性を売り物にする映像の中に入り込んだように、二人の昂ぶりが真上から見下ろす咲織に伝わってくる。 麗子が愉悦の波に揺られ、彼岸に打ち上げられようとしているのは、明らかだった。 そして、その蕩な愉悦を与えているのは自分を支配する三宅だった。 それだけに咲織の躯は熱く燃えた。 だが、燃え上がらせているのは嫉妬と言う様な邪な炎ではなかった。 今、咲織の躯を熱く滾らせているのは、もっと純粋な願望だった。 剥き出しの性だった。 麗子に対する嫉妬も憎しみも浮かびはしなかった。 ただただ、咲織は全身全霊で三宅を求めた。 砂漠で泉を見つけた罪なき囚人の様に。

「あぁ~~~~~っ。」
「あぁぁぁぁぁぁん。」
 いつの間にか、咲織は麗子に同調していた。 麗子が三宅に貫かれ、引き抜かれ、また突かれて啼き声を上げる度に、咲織も檻の中で小さく啼き声を上げていた。 三宅の背中に筋肉が浮かび、その引き締まった尻が麗子目掛けて叩きつけられる。 その度に咲織の狭い秘鞘を割かんばかりに押し開き、子宮まで突き上げるその苦しみの中の愉悦を感じた。 その感触は妄想と言うには 余りに現実だった。 

 咲織は小さな掌で鉄格子を握り締め、細い二の腕を震わせて、躯を硬直させた。 細く滑らかな下腹に筋肉の筋さえ浮かべ、咲織は感じた。 が、誰も抱かない背中が、誰も揉まない胸の膨らみが、虚しさに疼く。 偽りの愉悦を感じれば感じる程に、咲織の何処かが哀しみを刻んだ。 鞭よりも辛い痛みに泣いた。 

「あぁ~~~~~っ。 い、いっ、いい。 いいですぅ。 もっと、もっと。 もっと壊して~~~~~。」
 三宅は握り締めた麗子の乳房の頂でしこる乳首を親指の谷間で摘み上げた。 無慈悲に鞭を浴び赤黒く変色した乳首が根元を縊られて、膨れ、グミの様に透き通る。

☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。