FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2497=恥じらい。

「ああっ。」
 胸の蕾が真空のガラス管に吸い続けられる。 じわりとしたその感悩を堪えられず、咲織は細い喉を震わせて、羞恥に頬を染めた。
「ふふっ、いい声だ。 何時聞いてもお前の子供の様にちょっと高くて、甘えた啼き声はいいものだ。 幾らでも啼くがいい。 感じるままに啼いて、いい声を出すのは奴麗の仕事の第一だ。 もっと、もっとその婬らな躯を疼かせなさい。 身も世もなくその躯を悶えさせ、見境なく求めてしまう性の餓鬼に成り下がるまで。 今回は性の地獄で蠢くお前の姿が見たいんだ。」
 三宅は話しながら、咲織の残った胸の蕾も、そして大きく太腿を開かされ、閉じることを禁じられた股間にひっそりと佇む秘芽も、小さなガラス管に吸わせた。
  
「あぁんっ。」
 堪えても堪えても声が出た。 三宅の指が柔肌に触れるだけで全身を感悩の電気が走った。 痛いほどに細胞をびりびりと震わせ、肉を婬らに励起していく。 

『啼けと言われても、啼くのは恥ずかしいです。 まだ咲織にも羞恥心があります。 でも、堪えられない。 あぁ、また・・・。 ご主人様、本当に啼いても、本当に求めても、婬らな女と呆れられませんか。 嫌いになられませんか。 そんな咲織を求めて頂けますか。 それとも啼かない女は奴麗失格ですか。』

 自分の啼き声に羞恥し、更に声を押し殺そうとした。 押し殺しながら、まだ自分は堕ち切っていないと思った。 その事に安堵もし、不安も覚えた。          
       
『そう、ご主人様は仰ってましたね。 羞恥心を失った女は要らないと。 咲織は耐えられるだけ耐えます。 それでも、理性の箍が外れて、啼きまくったら、求めてしまったら、捨てられるのですか。 それとも・・・。』

 三宅に出会ってからずっと、心が落ち着いたことがなかったと、思った。 何時も、片思いで、何時も失恋を恐れていた。 暖かな日差しを求めて、昏い影の中を彷徨っていた。   
 
「乳首が鬱血して腐る前には取りに来てやる。 それまで独りでその婬らな躯を疼かせていなさい。 幾ら疼いても、もう自分一人で勝手に慰める事は出来ない。 お前には最高の責め苦だな。」
 三宅はまるで子犬に餌をやるように自分の指を咲織の口に差し出した。 その指にむしゃぶりつくように咲織は顔を寄せ、唇の間に捉えて舌を絡ませる。 三宅の指を舐める唇から、舌から婬らでそして熱い血が全身に浸みていく。 咲織の躯に着けられた三つのガラス管がぴくぴくと小躍りした。 

「あぁぁぁ。」
 三宅の指が咲織の唇から離れていった。 大きな瞳が三宅の背に追い縋った。


  ☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。