FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2496=止めどなく。

 無邪気に怪しい錠剤を口に入れた咲織を三宅は優しい眼で見守っていた。

「雅志によれば、血の巡りが良くなり、全身の感度が高まるそうだ。 痛みも愉悦も、鋭く感じられる。 そして、血が滾り、肉が沸々と湧き上がり、肌が燃える。 それが婬らな刺激を受けると止めどなく慾情する。 感じても感じても、感じれば感じる程、もっと欲しくて堪らなくなる。 まるで自分ですることを覚えた猿の様に。 お満子の粘膜が擦れ捲り、血が滲みだしても止まらない、抱いてくれる男なら誰でもいい、犯して貰えるなら何でもする、鬼畜になると言っていた。 ま、お前は薬なんて飲まなくても、元々そうだがな。」
 酷い言葉で咲織を辱めながらも、三宅の眼は咲織を暖かく包んでいた。 その視線を浴びて、咲織は幸せに胸を詰まらせた。 

「ほら、水をやろう。 催婬剤を飲み下せ。」
 三宅はスラックスのジッパーを下ろし、鉄格子越しに自分の物を突き入れた。 咲織はむしろその幼さの残る美貌を綻ばせて、顔を近づける。 ギシギシと檻を吊る鎖が鳴った。 その音も聞こえないのかの様に咲織は恍惚の表情を浮かべ、三宅の物を迎え入れた。

 口腔の粘膜に伝わる三宅の熱に血が沸騰した。 胸が炎で炙られるように熱い。 三宅に向けて伸ばせない腕が鉄格子をひしと掴んだ。 

 生暖かい物が咲織の口に注がれた。 すぐに溢れそうになり、飲み下そうとして咲織は咽せんだ。 三宅はさっと織の口から熱い物を引き抜いた。 咲織はその大きな瞳を白黒とさせながらも、三宅の物を追おうとして鉄格子に顔を押し付ける。

「そんなに欲しかったか。 俺のが。 それとも、誰の物でもよかったか。」
 冷たい声が咲織の胸を引き裂く。 その痛みにマゾの躯は疼きを上げる。 

『欲しいです。 ご主人様が。 本当に欲しいです。 もう、離れたくない。』

 咲織は言葉が出ず、ただ濡れた紅い唇を悔しそうにパクパクとさせるのみだった。 

「ふふ、図星か。 まあ、どっちでもいい。 そのうち、お前の婬らな望みは嫌と言うほど叶えてやる。 それまで、その躯を疼きに疼かせていなさい。」
 三宅は咲織の胸をむんずと掴み、その頂きで慄いている桃色の蕾にまた小さなガラス管を取り付けた。 中の空気が吸われ、蕾が膨らんでいくように感じられた。 同時にむずむずとした痒みが大きな胸球に染み込んでくる。 咲織は口を噤んで、込み上げる喘ぎを押し殺した。 声を上げれば三宅が言った通りに盛りの付いた躯を留め様が無くなりそうだった。

  ☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop