FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2495=罰を望む奴麗。

「いけません。 それは許されない事です。」
 咲織の掌は花びらに貼り付いたように離れようとはしなかった。 靄の中ではなく現実の三宅を瞳の前にして、咲織の躯は一層騒いだ。 疼き肉の中から顔を出し、もう止めようがなくなっていた。 いけないと口に出しながら、罰を期待していた。 三宅自身による罰。 それは今の咲織には何に代えても欲しいものだった。

 潤んだ甘えた瞳で咲織は三宅を見つめた。 自分が全てを曝け出していることも、世にも婬らな慰めを自らしている事も忘れて。 

「ふっ。 知らないのかと思った。 奴麗がご主人様の許可なく一人で慰める事が絶対禁止事項だと言う事を。 全ての肉慾は全てご主人様にだけ向けられなくてはならない。 それが奴麗だ。 全てをご主人様の快楽のためだけに捧げたのだからな。」
 三宅の鋭い眼が咲織の肢体を嘗め回した。 その視線に押された咲織の肌がさざ波を立てる。 咲織は小さく逝くのを感じた。 ごくりと生唾を飲んで、三宅の口から発せられる罰と言う言葉を待った。

「罰だな。 今のおまえが一番辛い罰をやろう。 たっぷりと。」
 三宅の言葉に咲織の肉が反応する。 まるで自分の掌が触れている秘芽を弄くられた様に、咲織の肉を感悩が貫く。 
「はい。 厳罰をお与えください。 苦しみ、藻掻く咲織の姿をお楽しみください。」
 自らの言葉に咲織の裸身が濡れる。 今にも崩れそうに、溺れそうに。

「貪欲で婬爛なメスだ。 口だけでは言う事を聞けない家畜らしい。 やはり自由を奪ってやるしかないようだな。 また脚をM字に開け。 両手は頭の上だ。」
 三宅は鉄格子の間からぐいと手を入れ、咲織の細い足首を足枷ごと掴んだ。 三宅に委ねられた咲織の脚を引っ張り、檻の両端に頑丈なカラビナで足枷を留める。 ぐらつく躯を咲織は頭上の鉄格子を握って支えた。 その手首に嵌められた手枷の金輪もカラビナで一つに纏め、三宅は頭上の鉄格子に留めてしまう。 

「もっと、お満子をこっちにせり出させなさい。 檻から食み出すほどに。」
 三宅の腕が咲織の折れそうな腰を引っ掴んで、無理やり引っ張った。 尻肉がガラスの床を擦りながら前に押し出された。 ぐらりと檻は傾いだ。 斜めになった檻の中で、咲織の躯が一層鉄格子に押し付けられる。 怯えた腕が頭上の鉄格子を掴み、躯を支える。

 ガラガラと音を立て、檻は少しずつ降ろされた。 鉄格子越しの咲織の顔が三宅の腰の高さで檻の動きは止まった。 

「飲め。 催婬剤だそうだ。 雅志特性のな。」
 三宅が鉄格子越しに差し出した手に咲織は顔を押し付ける様に錠剤を飲んだ。 それが毒であっても、咲織は躊躇わなかっただろう。 

  ☆↓お読み頂き、嬉しいです。 連載の褒美に、1クリックお願いします。 大ピンチです。お助けください。 

 
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。