FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2479=生の果て。

「あ゛あぁ~~~。 いくぅ。 ぐわはぁっ。 いぃ、いくぅ~~~。」
 一瞬美しい顔を三宅に向け、何かを伝えようとした唇はすぐに歪み、絶頂の声を上げた。
背を丸く弓反らせて三宅を跳ね上げ、それを三宅に伝えた。 幅広の首輪が喉を締め付けるのも構わず、麗子はその輝く顔をこれでもかと仰け反らせる。 

「欲しいんだな? 俺の精を、この躯の中に。」
 三宅は乳首を離し、麗子の腰を抱いて、深々と貫いた。 
「あぁ~~~。 あがぁ~~~。 いぐぅ~~~。」
 三宅の問いに頷くのが精いっぱいだった。 泣きじゃくり、雄叫びを上げる麗子の顔は鞭打たれた後の死者の顔ではなく生に輝いていた。 

「よしっ。」 
 三宅は麗子の中に埋めたまま、両足首を掴んで、横たわる麗子の頭上より高々と折った。 麗子の赤く腫れた尻たぼが浮き上がり、三宅に貫かれた三宅に向けて鞭打たれた股間を高々と突き上げる形になった。

 三宅は体重を載せて一気に貫いた。 三宅の長大な物が麗子の股間に根元まで深々と埋まった。 

「ぐわっ。 あぁ~~~。」
 麗子は恍惚の光をその整った美貌に浮かべ、高らかに啼き上げた。 全身を発条にして背を仰け反らせ、三宅を下から突き上げる。 血に濡れた脇腹がぴくぴくと痙攣を見せた。

 三宅は慾望に忠実に、ただ己の愉悦だけを求めて、麗子の中に硬直を打ち込んでいった。 
麗子の張り詰めた双臀が三宅の引き締まった腹を打つ、ぱんぱんと言う高い音が傍らの咲織の肌から肉にまで響いた。 二人を見詰める咲織の呼吸が麗子の深い喘ぎに吸い取られるように同調していく。 何時しか咲織は麗子の感悩に浸り、その裸身を強張らせていた。

「あぁ~~~。 あぁ~~~ん。 あんっ。 あんっ。 あぁん。」
 麗子はもう白目を剥くことも、気を失うことも無かった。 頬を輝かせ、三宅が送り込んでくる苦しみも痛みも羞恥も汚辱も全てを感悩に変えて性の饗宴に浸っている様だった。 が、麗子の啼き声が徐々に小さくなっていった。 生を全うしてその役割を終えようとしている蝉の様に細くなっていった。 

「出すぞ。 受け取れ。」
 三宅は胸に溜まった昂ぶりを吐き出す様に言うと、全身を使って己の物を麗子の中に激しく叩き込んだ。 麗子の乳房を乱暴に搾り、精悍な筋肉をぶるぶると奮わせた。 
「あぁ。」
 麗子は高く高く嘶くと、ぷつりとその生を止めた。


☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。