FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2472=泣きじゃくる。

「あ゛がぁ。 ぐぅ、ごぶっ。 あぁ~~~~~。」
 麗子は両腕で頭上の鎖にしがみ付き、絶え間なく女らしいその曲線をくねらせ続ける。 既にその裸身は汗を滲ませ、白い肌を一層輝かせていた。 その白い肌の上に一つまた一つと紅い矩形が浮かんでいく。 まるで毒々しい生き物が侵食していく様に。 

 先に数多の房鞭の洗礼を浴びてぷつぷつと内出血のまだ血の色も濃い青痣を透かせた尻たぼはたちまちの裡に紅く染め上げられていた。 それでも足りぬとばかりに紅い矩形が腰へ腹へと這い上ってくる。 

 小気味のいい肉を打つ音がリズムを刻み、高い麗子の啼き声が哀しい旋律を奏でていた。
手足の自由を奪われてはいないとは謂え、麗子には鞭から身を庇う術は与えられてなどいなかった。 余りの痛みにしゃがみ込もうとすれば、天井から伸びる鎖はぴんと張り、幅広の革の首輪が喉を責め立てる。 窒息の苦しみと死への本能的な畏れに切れ長の眼を見開き、乳房を大きく上下させ咳き込んだ。

 その苦しげに揺れる乳房さえ三宅の鞭は容赦なく襲った。 歪み、凹み、護謨毬の様に弾む。 弾んだ処を鞭の往復ビンタが待っていた。 色白の護謨毬はすぐに紅蓮の炎に包まれた様に真っ赤に燃えた。 

「あぁ。 あぁ。 ぐぁ~~~。 あふぁ~~~。 あぁん。」
 麗子は子供の様に啼きじゃくり始めた。 頬を涙で濡らし、紅い唇をぬめぬめと光らせ、高い鼻から透明な汁まで滴らせて。 

 引き潮よりも早く新たな痛みが麗子の裸身を襲っていた。 吐き出す事の出来ない痛みは麗子の躯の中に積もっていく。 積もった痛みが麗子を圧倒した。
 
 いつからか、痛みを痛みと感じられなくなっていた。 何処かでスイッチが入った。 麗子のマゾの血が痛みを呑み込み、むくむくと婬らに膨れ上がる。 打たれる度に痛みは激しくなった。 疾うに我慢の限界など遥かに超えていた。 それなのに、打たれる度にびりびりと感悩の電気が肉を走る。 麗子は悲鳴を上げなくなっていた。 三宅の荒い息と共に吐き出される鞭打つ気合いの方が部屋を圧していた。

「あぁ。 あぁん。 あぁん。 も、もっと。 もっと。 もっとください。 もっと、打って。 もっと壊して。 ぁぁあ~~~。」
 壊れた自動人形の様に跳ね狂っていた肢体は、打たれる度に艶めかしく悶えた。 開いた脚の膝を折り、赤々と燃える尻たぼをこれ見よがしに突出し、細腰をくねらす。 秘唇はぱっくりと開き、中の赤い花びらを満開に見せていた。 とろとろとその滑らかな粘膜の上を婬蜜が覆い、溢れ、裡腿を濡らして滴る。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

 
関連記事

PageTop