FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2469=開かれた脚。

 パドルに柔肌を撫でられるにつれて、麗子の中の性がじわりと肉へ染み出してくる。 軽く打たれるその感触に被虐への熾火が赤々と燃えだした。 

 時折洩れる啼き声から、怯えの色が薄くなり、女の匂いが濃くなっていった。 

 どのくらい時が経ったのだろうか。 革のパドルが麗子のすらりと伸びた脚を堪能し、大きく突き出た丸い尻たぼを弄び、締まりの良さを示す細い腰をぐるりと巡る頃には、麗子は感悩の昂ぶりに息絶え絶えになっていた。 

 真っ赤に塗られた厚ぼったい唇を半開きにして、密度の濃い喘ぎを常に振り撒いた。 自由を奪われてる訳でも無いのに、麗子はその手を腰の後ろに組んでいた。 その合わされた長い指がぎゅっと握り合う。 放したら最後、婬らに自分の熱く火照る秘部を弄ろうとするのを必死で留めている様だった。 

「あんっ。」
 腰を下腹を遊んでいたパドルが乳房の谷間を押し開く様に上ってきた。 既に薄らと汗ばんだ乳肌が婬らな静電気を放つ。 麗子はその嫋やかな背を仰け反らしていた。

「ひいぃ~~~~~。」
 麗子は嘶いた。 痛みに躯を折り曲げる。 自分の裸身を映す鏡の床をこけつまろびつする。 天井から伸びた鎖がぴんと張り、麗子の首に嵌められた極太の革枷が細い喉に喰い込む。 麗子はごふごふと苦しげに咳き込み、ようやくふらつく足を伸ばして立った。 

 房鞭が肌を打つ時の様な空気を叩き割る様な音はしなかった。 ひゅっと言う鋭い音さえ殆ど聞こえなかった。 感悩に油断した麗子の躯を一本鞭は何の予告も無く打った。 鋭い肉を切られる様な痛みが火で炙られた様な痛みに変わるまで、何処を打たれのかさえ、哀れな奴隷には判らなかった。 

 大きな呼吸の下で麗子は躯を捩り、痛む腰を眺めた。 くっきりと細い切り口の様な蚯蚓腫れが丸い尻がきゅっと窄まる横腰に浮かび上がろうとしていた。 その細い蚯蚓腫れは、やがて一本鞭の網目を刻されてぷっくりと盛り上がった。

「嬉しいか。」
 三宅は一本鞭のパドルを麗子のぴたりと合わせた腿にこじ入れた。 無遠慮に鞭を左右に捩じる。 その鞭の動きを開けと言う命令と承知した麗子はこくりと頷き、じりじりと足を捩って脚を開いていった。 三宅はパドルで開いた左右の裡腿を叩き、もっと開けと促す。 その動きが止まった時には、麗子のすらりと伸びた両脚は直角以上に開かれていた。 麗子は首輪に繋がった鎖を両掌で掴み、揺らぐ裸身を安定させた。


 ☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop