FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2456=滾る血。

 自由を奪われている間中、裸を曝した咲織は常に性を意識せずにはいられなかった。 胸の蕾と秘芽は肥大化させられるために試験管に吸い続けられ、解放されると耐え難い痒みを伴う催淫剤を塗られて、意識を離そうとしてもその性のための器官の存在が頭から離れる事は無かった。

 しかも、瞳の前では麗子がその艶冶な肢体を全て曝け出し、三宅の過酷な調教を受け続けていた。 咲織は朝からずっと、性の、それも被虐の性の虜囚にされていた。 

 三宅がようやく自分を見てくれた、その思いに咲織の躯は沸いた。 全ての肉が三宅に向かい、三宅の与えてくれる刺激を歓喜と共に受け入れた。 胸の蕾を捻り潰される痛みさえ、愛おしかった。 咲織の躯は三宅に向かってしな垂れていく。 その若い肉は形を失い、とろとろと溶けていく。 すらりと伸びた脚は崩れ、両手を左右に吊る鎖が無ければ、咲織はその場に崩折れていた。  

「あっ、あっ、あっ。」
 三宅のもう一つの掌が大きく割り拡げられた股間に伸びた。 やや開きかけた秘唇を割って、三宅の指がその奥の花びらの淵をなぞり上げていく。 既に濡れに濡れた花びらを野太い指は滑らかにそして時間を止めたかのようにゆっくりと上がっていく。 そのゆっくりとした熱の移ろいに咲織はどくどくと婬らな血を脈打たせた。 興奮とこれからの期待に胸は詰まり、嗚咽にも似た喘ぎが喉を打った。

 三宅は冷静を失わず、掌の中の生贄を見詰めていた。 生贄が自分の指の動き一つに息を潜め、血を滾らせて大きく反応する。 完全に自分のものとなった美しい奴麗を眺める悦びを支配者は満喫した。

 三宅の指はぬめる花びらの合わせ目を上へ上へと撫で上げていった。 その先には剥き出しにされた感悩の小さな塊、秘芽があった。 その慄きに咲織の肉が堪らず、痙攣を見せ始める。 ほっそりとしながらも若さの詰まった太腿がぷるぷると震えていた。 その反応に三宅は眼を細める。 咲織の胸の蕾を含んだ唇の端に酷薄な笑みが浮かんだ。

「ひぃゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。」
 三宅の指が剥き出しの秘芽に触れた。 咲織の全身が稲妻に撃ち抜かれた。 まだ三宅の指は咲織の秘芽に触れただけだった。 それでも、包皮を切除されて敏感な粘膜を剥き出しにされた秘芽は余りにも敏感で、余りにも脆かった。 ぱっくりと血の滲む桃色の傷口に触れられた様な痛みと感じる程の刺激が稲妻となって、咲織の躯を駆け抜ける。 

「ゅ、ゆ、許してください。 あぁぁぁぁぁぁぁぁっ。」
 咲織の傷付いた丸い小さな踵は床を大きく離れた。 ぷりっと丸い尻たぼが一層引き締まり、えくぼを浮かべてぷるぷると振動していた。 

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。