FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 麻紀の初体験 その29 熱蝋。

「泣くがいい。 肉を襲う痛みに、心を貫く哀しみに。」
 内村は立て続けに麻紀の尻肉を打ちのめす。 山田が麻紀が息付く間も与えず内村と呼吸を合わせて麻紀を打ち据えた。 

「ぐぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。」  
 麻紀は繋がれた四肢を引き絞り、苦しみに喉を震わせる。 

「や、止めて。 た、た、助けて。」
 麻紀は鞭の嵐の中、辛うじて救いを乞い願った。

「願いを聴いて貰える立場だと思うか。 ほら、淫らに腰をくねらせろ。」
 山田は鞭打つ手を止めて、麻紀の秘裂をまさぐる。 砂漠で水を与えられた麻紀の躯は悦びにぴくぴくと淫らなダンスを舞った。 

「あぁぁん。」
 麻紀は甘えた愉悦の声をあげる。 その機を逃さず内村の鞭が麻紀の柔らかで最も肌の弱い内股を捉えた。 淫らな悦びの最中に激痛を与えられ、麻紀の肉体は戸惑い雷に打たれたように痺れ筋肉を引き攣らせる。 

「二重奏と行こう。」
 山田が巨大な赤い蝋燭に火を付けた。

「くぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。」
 麻紀はその丸く象牙の肌理を持った胸の膨らみに赤い熱蝋を受けて、熱いと言うより錐で刺されるような痛みに悲鳴を吹き上げる。 赤い熱蝋は麻紀の肌の上を流れ張り付き血のように固まっていく。 
 
「細木君。 哀れな美肉を慰めてやってくれ。」
 内村に言われるまでもなく、細木はカメラを置き、麻紀の捲れた淫肉から咲いた赤い花びらを口に銜え、音を立ててしゃぶった。

 息付く暇も与えられず内村の房鞭が麻紀の丸い尻を、細い腰を、痩せた背中を容赦なく襲った。 

 熱く燃えた麻紀の肉体は痛みと快楽の電撃とを区別できなくなっていた。 熱さと痛みと快楽が麻紀の肉体の中で渦巻き、麻紀の躯は刺激の暴虐のただ中を漂った。 止めどなく涙が頬を洗い、肉が生を求めて悲鳴を上げた。 白い肌を打たれる度に熱蝋が流れる毎に淫らに愛撫されるままに電撃が脊髄を鳴動させて走った。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop