FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 麻紀の初体験 その27 痙攣。

「いいですか。 それじゃあ。」
 細木は喜色満面の顔で麻紀の足下にしゃがみ、すらりとした太股に抱きついて分厚い唇を這わせ始める。 内村は麻紀の後ろに回り、汗に濡れた後れ毛をかき分けその色香の漂う項を舐め、右胸を揉みし抱き、ぷりぷりとした尻の感触を愉しむように大きく捏ねていく。

 既に薬によって高まっていた躯に、女性の急所を知り尽くした六本の手と三つの口に同時に愛撫を加えられ、麻紀はこれまで味わった事のない愉悦の感覚に戸惑いながらも躯が流されていくのを見つめていた。 すべすべとした裡股の肌が、グミのように弾む胸が尻が、柔らかな脇腹が、撫で回され、揉みし抱かれ、舐め尽くされていた。 陵辱者達の手が口が麻紀の爪先から項まで這い回り、蠢いた。 触れられただけでも電流が流れたように感じてしまう様にされた麻紀の感覚は、押し寄せ続ける悦楽の波に翻弄され、苦しくさえあった。

「あっ、あぁぁぁぁ。」
 ついに麻紀の口から妙なる愉悦の音色が漏れ始める。 

「感じるか。 どうだ。」
 山田が麻紀の耳朶の下を舐め上げながら聞いた。 
「う、ぅぅぅぅ。 あっぁぁぁぁ。」
麻紀は絶えず荒い息を洩らしながらも同意するかの様に小首を動かした。

「ここが欲しがってますよ。」
 内村が下を向いて麻紀の太股を味わっていた細木に目配せした。

 細木は内村の許可を得て、喜び勇んで麻紀のつるつるにされカクテルライトにテラされて透明な粘液がきらきらと輝くピンクの秘裂の肉襞にむしゃぶりついた。 大きく口を開き肉襞ごと麻紀の樹液をじゅるじゅると吸い取っていく。 舌を秘裂に差し入れ、飽きず舐め上げた。

「あぁぁぁぁ。」
 麻紀は堪らず不自由な腰をくねらせ、高く歓喜の声を響かせる。 押し寄せる淫らな刺激の波濤に責められ続け、心の堰は脆くも決壊していった。 麻紀の意識とは別に躯はさらなる興奮を求め、全ての細胞は活性化し淫らに鳴動した。 

 全身がまるで敏感な悦楽の器官になっていた。 何処を触られても快楽の電気が麻紀の躯の中を走った。 何処を触られ、撫でられ舐めあげられているのかも判らなかった。 ただ、快楽の信号だけが躯中を駆け巡り、麻紀はぴくぴくと引き締まった肉体を痙攣させた。 もう少し、もう少しで悦楽の白夜が開け、歓喜のクライマックスの中で果てるのを麻紀の肉体は知っていた。 そして、それを求めて蠢いた。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。