FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 麻紀の初体験 その19 懇願。

 麻紀は恥ずかしさに目覚め首筋まで真っ赤に染めた 

「そうか。 感じているのか、この女は。 それじゃあ、協力してやりゃなきゃな、なにせ上司なんだから俺は。」
 山田がようやく出番だと言わんばかりに麻紀の形のいい胸を鷲掴みにし、パン生地を捏ねるように大きく揉み始めた。 無骨な指の間だでつんと立ったピンクの蕾を転がす事も忘れない。 

「どうだ。 気持ちいいかな、宮本君。」
 山田はわざとらしく麻紀の名を呼んだ。 躯の一番敏感な箇所を四本の手で巧みに刺激され、送り込まれ続ける性感の波の前に心の堰も切れそうだった。

 内村は麻紀の尻たぼを揉んでいた左手を艶やかな肌の上で滑らせ、秘裂のあわいから顔を覗かせ始めた華心を刺激した。 麻紀は堪らず、鎖で繋がれた白い裸身をくねらせた。   
「あっ、あっ、あぁぁ。」
 四本の手が麻紀の躯肉を掴み、揉み、転がす度に無意識の裡に甘い吐息が麻紀の口から漏れ出る。 打ち寄せ続ける快感の波に麻紀は自尊心も自制心も羞恥心さえも忘れかけていた。

「そろそろかな。」
 内村の言葉を合図に山田は麻紀の双球から手を離し、プラグを手にすると内村と入れ替わりに麻紀の背後に立った。 片手で麻紀の折れそうな腰をぐいと抱き寄せると、クリームをしっかりと塗り込まれた尻の穴に押し込んでいく。 

「うぐぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ。」
 麻紀の口を突いて重い痛みに耐えかねた呻き声が吐き出される。 麻紀の感じる痛みとは裏腹に山田の手にしたプラグはすんなりと麻紀の体内に姿を没した。 

「さあ、君の尻で汚れた指を清めて貰いましょうか。」
 内村がその指を麻紀の鼻先に突きつける。 麻紀は思わず大きく顔を背けた。

「心配しなくても、このクリームは体に毒じゃない。 さあ、約束通り清めなさい。」
 内村は自由の利かない麻紀の顎を持って顔を向かせるとそのゼリーのような唇に指を押し当てた。 麻紀はその指が差し込まれていたのは自分の体内だと判ってはいてもおぞましさに怖じ気を震った。 実際には健康な直腸内は便も無く綺麗だなどと言う知識は持ち合わせていなかった。 ただ自分の唇に押し当てられたその指がこの世で最も汚らわしい物に思えて吐き気すら感じた。 

「後で清めるから、尻の穴を揉んで欲しいと懇願したのは他ならぬ君ですよ。 自らした約束も反故にするのなら、十億の債務取り消しも反故にしてもいいのかね。」


☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop