FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ 麻紀の初体験 その6 晩餐。

「このヒールなら邪魔にならないな。」
 山田は動かないように優美な曲線を描く麻紀の脹ら脛を片手で掴み、麻紀の良く締まった足首に足枷を手枷同様にきつく取り付けた。
「左足も。」    
 内村が言った。

「ヒールを履いているから、さすがに高いな。 俺と同じぐらいか。」
 山田が最後に残った首輪を手に先の前に立った。
「上を向いて。」
 房になった髪を内村が上に持ち上げ、首の後ろで留め金を止めた。
「完成だ。」      
 内村が宣言した。

 二人の老人は麻紀からやや離れ、完成した自分たちのオモチャを上から下まで飽かず眺めた。 脱いだドレスが脱皮した後の薄皮のように麻紀の足下にあった。 細木は無用となった衣類を纏めてチェストに入れた。

窓の外はまだ明るかった。 陽の光は私に似合わない。 麻紀は窓から目をそらした。

「記念撮影と洒落てみるか。 狩りの記録アルバムの中でもハイライトになるだろう。」
 山田が大層な一眼レフを取り出した。

 麻紀はすっと立っていた。 あえて胸を隠そうともせず、胸を張ってみせた。 手足を黒く飾られた麻紀の裸身は、最高の贅を凝らした部屋の中で一際輝いて見えた。

 幾度もフラッシュが眩しく光った。 
「もっと足を開いて。 腕は躯の後ろに。」
 山田は撮影中、いろいろと指示を出した。

「もういいだろう。 腕によりをかけてくれたシェフに申し訳ない。 晩餐の再開だ。」
 内村が山田に着席を促した。
「後の記録撮影は頼むぞ。」
 山田は細木にカメラを渡した。

 最高級のオーダーメイドスーツに身を包んだ老人二人に挟まれた、一糸纏わぬ素裸の美女と言う奇妙な晩餐が再開された。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 


関連記事

PageTop