FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ 麻紀の初体験 その1 覚悟。

☆ あけまして、おめでとうございます。

   今日も読みに来ていただいて、ありがとうございます。

   今年も咲織をよろしくお願いします。

☆ 新年を記念して、正月はアンドロメダな朝の外伝として、主要登場人物の一人、咲織の上司で、サディストのレズビアン、宮下麻紀の初体験のお話を短期集中連載いたします。
 
   どうぞ、お楽しみください。


 覚悟は出来ていた。 だから、昨晩だってぐつすり眠れた。
 午前中に入浴を済ませ、午後からは髪のセットに行った。 ついでに手足の爪もサロンで綺麗に手入れしてきた。 
 意地のようなものがあった。 美しさで魅了するのではない、美しさで老人達を圧倒するために。 惨めな境遇を惨めな姿で送りたくは無かった。 後悔は絶対にしたくない。 だから、最高の美でその時を迎えようと心に決めていた。
 
 念入りに化粧を整えると、外出に着ていったミニワンピを脱ぎ、壁一面の鏡の前に立った。 しなやかで伸びやかな肢体が鏡の中に現れる。 淫らさなど感じさせない美しく均整の取れた裸体だった。 
 白き麻紀の肌を引き立たせるべく黒いシルクサテンのパンツを穿き、共布のブラジャーでさらに胸の形を整える。
長い脚を光沢のあるストッキングで包むと、黒いエナメルのオープントゥのパンプスで引き締める。 
 シルクオーガンジーの黒い羽根が何層ものドレープとなって滝の飛沫の様に流れ落ちるホルターネックのドレスを纏った。 この大正時代に作られた洋館を舞台にオーナーシェフの父が開催するパーティーのヒロインとなるためのドレスだ。 常に感嘆と賞賛と共にあったこのドレスを今日の鎧とした。 一回転してみる。 大きく空いた白い背中が黒い額縁の中で艶々と輝いている。 
 
 腕には黒真珠が幾重にも重なったブレスレットを飾る。 長い癖毛を頭頂で黒ダイヤをあしらった黒揚羽の髪留めで纏め、ボリュウムのある房を右肩から胸に流した。

 鏡の中にいたのは高級ファッション誌の表紙さえ侍女にしてしまうほどの女神だった。  
 麻紀は、仕上げにナルシス・ノワールを要所に付けると、エントランスホールに向かって歩を進めた。

 時計は5時半を指している。 ホールの奥に置かれた金華山織りの一人掛けソファに腰掛け迎えを待った。 時計の針が動くことを忘れたような時間がサイドテーブルに置いたアイスコーヒーの氷と一緒に麻紀の覚悟までも溶かしつつあった。

 玄関の扉がノックされた。 麻紀はすっと立ち上がり、ドアを開けた。
 予想していた会長運転手の松本ではなく、見知らぬ小柄な初老の男が立っていた。
 どうやら内村頭取の運転手のようだった。
「お迎えに参りました。 どうぞ。」
 運転手はベンツのリムジンの後部ドアを開けた。 麻紀が優雅に乗り込むと車は滑るように動き出した。 

 バラが咲き誇ったアーチを越えた時、麻紀は窓の外に見える「ラ・メゾン・ド・ブリクール」と書かれた鋳鉄製の看板とその奥の石造りの洋館の姿を目に焼き付けた。
2☆ 意外にも車は麻紀が会長について何度も来たことのある三田にある会社グループの迎賓館に乗り入れた。 車寄せまで支配人の細木が板に付いたタキシード姿で出迎えに出ていた。
「これはまたあでやかな。 お二人がお待ちです。」
 リムジンのドアを開けた細木は麻紀の姿に目を見開いた。 細木は麻紀の手を取り、優美なアーチ型のドアの内側に招き入れた。

「お二人は貴賓室においでです。」 
 白い漆喰の廊下を細木に先導されて、麻紀はゆったりとした足取りで進んだ。 
 
 細木が厚いウォールナットのドアをノックする。
「入ってくれ。」
 奥から嗄れた山田会長の声がした。

 細木が開けているドアを抜けて、麻紀はウォールナットがふんだんに使われた豪奢な部屋に足を踏み入れた。 ボムと後ろでドアが締まる音が響いた。

「ほぉ。 これは期待以上だ。 さすがに10億円の女だ。」
「だろう。 グループ全部を見渡してもこれほどの上玉は居ないだろう。」
「確かにな。 うちの銀行にもいない。 副頭取の渡瀬、知ってるだろう。 あれがミス慶応だったんだが、到底敵わないな。」
「その連帯債務保証書1枚、破るだけの価値はあるだろう。」
「今のところは、十分にな。 だが、どれだけ俺達を楽しませてくれるかは別だぞ。」
「この女は間違いなく誇り高く気も強い。 楽しませてくれるさ。」
 二人の老人は重厚な円卓を挟んで他に人も無げに話に興じている。 
 麻紀は、その場に立ちつくしていた。 
 
「いつまでそこで突っ立っている? この話をした時に挨拶の台詞も教えただろう。 10億円が掛かっているんだ、ちゃんと挨拶ぐらい出来ないのか。」
山田が社員を叱りとばす時の調子で言った。

 突然に怒鳴られ、聞いた瞬間絶対に口にするものかと思っていた台詞を強制されて、麻紀は戸惑った。

「ちゃんと言えないなら、ちゃんと役目を果たさないならこの証書に基づいて今日にもあなたのお父さんのレストランは売り飛ばされる。 いいんですか。 私は約束は守る。 だからあなたも守りなさい。」
 グループ銀行の頭取である内村が諭すように言った。

 覚悟を決めた筈だった。 山田会長から話を聞いた時に全てを覚悟した筈だった。 生まれ育った掛け替えのないあの家を守るために、親にも相談せず勝手に決めた瞬間に覚悟は出来ていた筈だった。 しかし、その覚悟の中には自分の美しさにひれ伏そうともしない老人達は入っていなかった。 


☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。