FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2453=爆発。

「いいだろう。 お満子を腫らせろ。 血を流せ。 ぐちゃぐちゃな肉塊になるまで打ってやろう。 そして、そのぐちゃぐちゃのお満子を味わってやろう。」
 三宅の残酷な言葉に麗子は嫣然と微笑んだ。 それは凄烈な美しさだった。 

「はい。 嬉しいです。 あぁ。」
 麗子はじっとりと三宅を見詰めると、絶頂を示す喘ぎを漏らした。 上下に引き裂かれた裡腿が痙攣を見せていた。

「びっちん。」
 三宅の鞭が麗子の秘部を押し潰す。 鞭に打たれた洗濯ばさみは跳ぶ処か、麗子の肉を喰い破る様に突き刺さる。 柔らかな肌が幾つか犠牲となって破れた。
「ひゃあぁ~~~~~っ。」
 一瞬の静寂を破って、麗子は哭いた。 鎖の下で女体がくの字に折れ曲がる。 胸の上下の縛めに全ての体重が掛かる。 哭き叫ぶ肺腑に麻縄が喰い締める。 たわわな乳房が歪に揺れる。 

「哭け。 逝け。」
 三宅は真顔で鞭を振るった。 重い音に続いて、洗濯ばさみが幾つか床に弾けた。 
「ぎゃあっ。」
 細い項を見せて、麗子は仰け反った。 麗子の叫びは短かった。

 洗濯ばさみに飾られた秘部を守る様に麗子の躯が折れ曲がる。 その秘部から、三宅の言葉通りに血の紅い糸が一筋、二筋、鞭跡も朱い裡腿を伝い伸びていく。 

 それでも、秘芽を咬み潰す洗濯ばさみを始め、まだ幾つかの洗濯ばさみが麗子の秘部を苛んでいた。 麗子の裸身は哭き声が途絶えても、ひくひくと痛みに咽び続けている。

「びちっ。 ばしっ。 びった~んっ。」
 三宅は立て続けに麗子の秘部を、秘芽を、そして乳房ではなく乳首そのものを打ち据えた。 黒い鞭影が朱い肌を掃う度に、洗濯ばさみは鋭い咬み跡を残して飛んで行く。 

「あぁ~~~~~。 あぁ~~~~~。 あぁ~~~~~んんんん。」
 麗子は哭くしかなかった。 全ての感覚が肉の中で爆発していた。 自分と言う身が未だ女の形を成しているとは思えなかった。 ばらばらに肉塊となって千切られていく。 麗子は断末魔の苦しみの中でそう夢想した。 

 最後までしがみ付いていた秘芽の洗濯ばさみが弾け飛んだ。 最も敏感でか弱い器官に鋭い歯を立て、咬み千切りながら。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop