FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2551=感覚の奔流。

「あぁ~~~ん。 はぁ~~~ん。 ひゃあぁ~~~ん。」
 革鞭の束が肉を叩く重い響きに命を削る様な高い麗子の哭き声が重なり合って、魂を揺るがすような旋律が部屋を支配し続けた。 時折からころと鳴るプラスチックの洗濯ばさみがガラスの床で跳ねる余りに軽い音さえ、悲痛な調べとなって聴く者の胸を抉る。 
  
 哭き上げ続け、裸身をまるで媚びる様にくねらし、鎖を鳴らしながら、麗子は現を離れていった。 躯の何処が痛みを痛みを発しているのか、何故に自分は苦悶の底でのたうち回っているのかさえ分からなくなっていた。

 全ての思いは鞭打たれる度に歪み、粉々に砕かれて、跡形も亡くなっていた。 唯一残った感覚は余りに激しすぎて、神経の限界を振り切り、それがどんな種類のものなのか判らなくなっていた。 ただ、脳内から婬靡なシャワーが細胞の隅々に降り注いでくる。 麗子は婬らで、邪で、気違いじみた歓びの頂きへと昇り詰めようとしていることだけを感じていた。 

 尻たぼは勿論、背に回された腕も、腰も、太腿も、内腿も、秘部も、炎で炙られた様に赤々と燃えて、あの冷たささえ覚えさせる艶やかな象牙の肌は何処にもなかった。 その朱に染まった躯のあちこちに洗濯ばさみの咬み跡が痛々しく一層紅く潤んでいる。 

 鞭を振るう三宅さえ息を荒げていた。 鋭い眼はらんらんと輝いていたが、整った貌からは奥底から湧きだす婬らな物を感じ取る事は出来ない。 三宅はその引き締まった体自体を鞭の様にしならせ、逃げる手段とてない麗子の裸身に鞭束を叩き付けていく。

『あぁ、麗子さん、美しい。 心が痛いほど。 あぁ、打たれたい。 ご主人様の鞭をこの婬らな躯に、疼く躯に、受けたい。 粉々になるまで。 麗子さん以上に。 そして、この疼きを鎮めたい。 鎮めて欲しい、ご主人様の掌で。 あぁ、熱い。 躯が熱い。 疼く。 痒い。 気が振れそうに。』

 咲織は鎖を鳴らして、身を捩っていた。 自分が身を捩っていることに気づきもせず、まんじりともせずに麗子の艶肢に見蕩れながら。

「あぁっ。 痛いっ。 あぁ~~~ん。 あぁ~~~ん。」
 麗子は再び打たれだした最初から数を数える事など忘れていた。 もう、約束の百など遥かに超えていた。 柔肌を咬み、肉を拉いでいた数多の洗濯ばさみもあらかた吹き飛んだ。 今また、乳房を噛んでいた最後の洗濯ばさみが名残惜しそうに麗子の躯を離れて落ちた。 残るのは、ひ弱な粘膜をがっしりと咬み締める両の乳首と秘唇、そして花びらと秘芽だけとなった。  

「ふぅ。 いい処だけ残ったな。 手で取ってやったりはしない。 最後まで鞭を打ち続けてやる。 哭け。 震えろ。」

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。