FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2449=砕ける肉体。

「うっ、痛いぃ~~~~~。 あ゛ぁ゛~~~~~。」
 麗子の躯が鞭の圧力に浮いた気がした。 躯を支えていた脚が痛みに折れ曲がる。 吊り上げられた膝から下がぴくぴくとしていた。

 飛ばされながら、洗濯ばさみは麗子の肌に紅い咬み跡を付けていった。 小さな血豆がむっちりとした内腿にぷつっぷつっと浮かび上がってくる。

「まだ一つだな。」
「うぅぅ。」
 胸をひくひくと痙攣させ、麗子は唇を戦慄かせる。 憂いを含んだ眼が答える代わりに静かに伏せられた。

「それっ。」
 鞭は麗子が覚悟した秘部では無く、乳房を襲った。 突き出た乳房で色彩が爆ぜた。 色とりどりの光跡を残して、洗濯ばさみが飛んで行った。 その後に現れた柔らかな白い肌にすっと紅い咬み跡が滲んでくる。 三宅はその様子を眼を細めて暫し眺めていた。 

 麗子は喉を引き攣らせるばかりで、声も出なかった。 ただただ、衝撃に吊られた躯はぶらんぶらんと揺れながら、鎖の下で捩れ、くねるばかりだった。 

「哭け。」
 三宅が叫ぶ様に言った。
「あぁ~~~~~ん。 あぁっ。 ひいゃあぁ~~~~~ん。」
 三宅に言われたから麗子は啼いたのではなかった。 鞭の衝撃に翻弄され続けた躯がようやく痛みを感じられる様になったと言ったほうがよかった。 

 乳房がどくとく血が濁流となって流れ込んで倍にも脹れ上がり、洗濯ばさみの咬み跡から噴き出しているように感じられた。 秘部はじんじんと腫れて鞭が作る風にすら悲鳴を上げていた。 

 洗濯ばさみが情け容赦なく咬み続けている肌と言う肌、肉と言う肉が痛いと言う火が付いたように感じられる。 鞭打たれた肉はばらばらに砕け、躯が形を失って、崩れていく気がした。 それでいて、躯の奥底から熟した性の悦びが湧き上がってくる。

「あぁんんんん。 あぁんんんん。 いゃぁ~~~~~。」
 痛みから、苦しみからだけでなく、自分が女の機能を失い、醜い肉塊になっていく怖れが麗子を支配していた。 麗子はまるで赤ん坊の様に無防備に泣き出した。 

「ほら、数えないか。 数えなければ、洗濯ばさみが全て弾け飛ぶまで打たれるんだぞ。 おまえの躯が持たなくてもな。」

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 


関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。