FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2448=赤子の様に。

「びんっ。」
 三宅は鞭を打ち下ろした。 黒い鞭束の影が麗子の洗濯ばさみに彩られた秘部を薙いでいった。 
「ひぃぎぃ~~~。」
 洗濯ばさみが打ち合う騒めきを圧して、麗子の悲鳴が響き渡る。 痛みに麗子の躯が赤子の様に丸まろうとして、紅い爪先が床を失った。

「びち~ん。 びしゃ。 ばんっ。」
 三宅は間髪を置かず房鞭を麗子の秘部に叩き込んだ。
「痛~~~~~っ。 あがっ。 あがっ。 ぐぇ。」
 一哭き哭き切ると、全ての空気を吐き出した麗子は息を吸う事も出来ずに、喘ぐ。 宙に吊られた裸身は重い鞭の反動で、鎖に吊られて揺れ始めた。 

 一つとして洗濯ばさみは飛び散らなかった。 全ての洗濯ばさみはしっかりと女の急所の肉を粘膜を噛み締めて放さなかった。 ただ、鞭に撃たれた衝撃にか弱い粘膜をその無数の突起で咬み付き、じりじりと引き裂きながら僅かずつ這った。

 痛いとも感じない衝撃が去ると、じんじんと焼け付く痛みが麗子を襲った。 躯の中心から全身にその痛みが波紋を拡げていく。 洗濯ばさみの突起に粘膜は傷つき、血を流していると麗子は思った。 その惨状を見るのが怖くて、その眼は宙を彷徨う。  
 
「数は?」
 三宅が強く言った。
「あぁ~~~。」
 唇を閉じも出来ずに、麗子はただ呻く。 痛みに痺れた躯は言葉を発することも出来なかった。 言わなくては、数えなくてはと虚しく焦る。 虚ろな眼が三宅に縋っていた。

「じゃあ、次が二発目だ。 おまえが数えればだが。」
 黒い影が空気を引き裂く。 その風が咲織の肌を掃いていく。 打たれてもいなのに、咲織の躯は痛みを予感して強張った。 まだ前の鞭が与えた痛みから逃れられずにいる麗子は無防備に鞭を喰らった。
「ぎゃぁ~~~~~っ。 は、はっ、はぁ。」
 鞭への構えが出来ていない麗子を痛烈な痛みが呑み込む。 麗子は唯一動く頭を振って髪を乱し、哭き上げる。 その切れ長の眼から涙が零れていた。 その眼が三宅の腕が再び振り上げられるのを捉える。 躯が逃げようと焦る。 が、高手小手に縛められた上に片足を高々と吊られた麗子の躯は大切な部分を守る処か、のたうてばのたうつほどに三宅に秘部を打ってくださいとばかりに差し出してしまうしかない。

「ばしっ。 びしっ。 びちゃっ。」
 鞭の連打に初めて洗濯ばさみが一つ、二つと吹き飛んだ。


☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop