FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

☆ その2446=性の奴隷。

「ごしゅじんさまぁ。」
 躯をくねらす婬らな痒みに咲織が声を上げた時には、三宅はもう麗子に向いていた。 その大きな背が瞳の中で滲む。
「おまえも味わえ。 婬濫地獄を。 そしてのたうて。」
 背を向けたまま、三宅は言った。 その冷たい宣託さえも今の咲織には縋るべき唯一の藁だった。 

『はい。 ご主人様が与えられたこの苦しみを味わいます。 あぁ、苦しい。 あぁ、辛いです。 ご主人様。』 
 
 耐え難い痒みと疼き。 咲織の掌は自らを掻き毟ろうとして阻まれ、鎖を虚しく鳴らす。 
痛みで紛らす様に咲織は足裏を床に擦り付けて、捩る。 ナイフで刻まれる痛みが脚を貫き、秘部に爆ぜた。 咲織は噴き出す悲鳴を呑み込んだ。

 痛みの波が凪いでいく。 すぐにか弱い粘膜を痒みが炙り始める。

「ひゅっ」
 と、房鞭が空気を打った。 その音に麗子の裸身が強張りを見せる。 その反応を愉しむ様に三宅は二度三度と鞭を鳴らした。 ひっと小さな悲鳴が麗子の喉を震わせた。

「あぁ~~~~~。」
 打たれると構えた裸身を房鞭が撫で上げた。 幾十ものしなやかな革の帯が、麗子の引き締まった足首から脹脛、太腿に触れては離れ、離れては撫でていく。 ひとたまりも無かった。 感悩がぞみぞみと足元から立ち上がってくる。 麗子は留めることも出来ず、啼くしかなった。 それが女の陥落の印しと判っていても、性の虜、奴麗だと自ら宣言する事だと知っていても、啼くしかなかった。 

「あぁん。 はあぁ~~~~~~ん。 ひゃあぁ~~~~~ん。」
 三宅は鞭で麗子を弄んだ。 打つと見せては、麗子の柔肌に鞭を這わせる。 ねっとりと婬らな意思を持った幾十本もの指で、柔肌は蹂躙された。 革帯はざわざわと柔肌の上を掃き、撫で、纏わり付く。

「はあ、はあ、あぁ~~~~~ん。 あぁっ、あぁ、あひぃ~~~~~ん。」
 柔肌に歯を立て、肉に噛み付く洗濯ばさみが一斉に騒ぐ。 房鞭は林立する洗濯ばさみを揺らして、麗子の裡腿から股間を嬲っていく。 脇にまで噛まされた洗濯ばさみがぶるぶると震えた。 乳房を覆い尽くした洗濯ばさみが肉を揺さぶった。 麗子の声が艶めかしいビブラートを震わせる。 

「ひぎゃあぅ~~~~~。」
 麗子の悲鳴が湿った空気を劈いた。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。