FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2444=洗濯ばさみの山。

 麗子の上下に引き裂かれた脚の中心は紅い蝋の染みも、艶肌さえも見えない程、色とりどりの洗濯ばさみが林立し、大輪の花が狂い咲いた様だった。 それは咲かされた奴麗の苦痛の上に咲く地獄の花だった。 その花は蜜さえも宿し、今、そよそよと震えながら凌辱の時を待っている様だった。 

「あぁ~~~~~。」
 三宅が洗濯ばさみの花を撫で上げた。 洗濯ばさみはぶつかり合い、しゃらしゃらと軽い音を立てる。 その音を裂く様に麗子の妙なる啼き声が流れていった。 三宅の掌が洗濯ばさみの花びらを撫でる度に、麗子の秘めた肌はさざ波を打ち、その蠱惑的な裸身はくねくねと乱れる。 麗子の声が高く、そして甘くなっていく。 肌を肉を噛まれる痛みより、感器の奥底を揺らす感悩の波の方が大きくなっていく。 痛みと愉悦の狭間で、麗子の美貌が妖しく歪んだ。

「待たせたな。 おまえがずっと期待していたおっぱいを洗濯ばさみで覆い尽くしてやる。 嬉しいか。」
 三宅の言葉に麗子は啼きながらもこくりと頷く。 絶え間ない痛みと感悩にくねり続け、麻縄で縛められたむっちりと白い二の腕は既に赤く充血していた。

「あぁん。 あぁ~~~~~。」
 三宅に乳房を摘ままれ、麗子は嘶く。 縄を受けて一層迫り出した乳房は大きく口を開けた洗濯ばさみを弾くほど肉が充実していた。 赤く腫れる程三宅は乳房を摘まみ上げ、洗濯ばさみを噛ませる。 皮膚だけでなく、その下の肉までもが悲鳴を上げる。 じんじんと痛みが神経の繋がった秘部へと流れ込んでくる。 そこはもう疾うに痛みが溜まりに溜まりっていた。 溢れた痛みが感悩となって躯へと流れ出す。 麗子は肌を熱く火照らせ、誘う様に悶えた。

『麗子さん、色っぽい。 なんて、綺麗な。 あぁ、勝てない。 あの滲み出る様な色気。 それでいて、穢れてない。 美しい。 散らしたいと思えてしまう。 散る処が見てみたいと。 あぁ、感じる。 駄目、駄目。 疼きが収まらない。 辛い。 辛いです、ご主人様。』

 麗子の色香に当てられた様に咲織も一人、裸身をくねらせた。 昨日、傷だらけになるまで打たれた足裏が針で切り上げられる様な痛みを絶えず発していた。 その痛みが三宅への思いを連れて、咲織の中で渦巻く。 じんじんと脈打つ胸の蕾と秘芽が催淫剤の作用か、苦しいほどに痒かった。 

 麗子は啼き続けた。 その媚を含んだ啼き声が部屋に満ちていた。 麗子の両掌にも余るほどのたわわな乳房は刻一刻とその形を歪め、洗濯ばさみの毒々しい色に侵されていった。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop