FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2443=苦しみの淵で。

「感じるだろう。 電気責めにさんざんあったお満子だ。 一皮むけて敏感になっている筈だ。 しかも、電気責めでは幾ら感じてもそれを遥かに超える苦しみのせいで女の歓びを味わう事は出来ない。 それだけに欲しくて欲しくて堪らなくなっているだろうからな。」
 三宅の掌の形の儘に麗子の柔らかな秘部の肉が歪む。 やがて、溢れた蜜が粘膜と掌の間でくちゅくちゅと婬らな音を立て始める。 

「あぁ~~~~~。 仰らないで。 あぁ~~~。 感じる。 感じてしまいます。 あぁ~~~。 逝っても、逝ってもいいですか。」
 鎖を鳴らしながら、麻縄が胸に一層喰い込む事も厭わず、麗子はその裸身をくねらせ続ける。 まるで苦しみの淵に立っている様に、床に立つ脚はがくがくと震えていた。
「いいと言うと思うか。」
 三宅は麗子の秘肉を揉む掌を休めず、冷たく言った。

「あぁ~~~。」
 まるで頂きを上り詰めたかのような色っぽさを載せて、麗子は諦めの嘆息を漏らす。 咲織の鼻腔にも麗子の女の盛りの匂いが漂ってくる。
「濡れ濡れだな。 洗濯ばさみの痛みにも刺激されたか。」
 麗子は啼き声のまま恥ずかし気に頷く。

「これなら、逝けないだろう。 ほら、優しいご主人様だ。 奴麗が、命令を聞ける様に、罰を受けずに済む様に協力してやるんだから。」
「あぎゃぁ~~~~~。」
 麗子は全身を引き攣らせて、悲鳴を迸らせた。 三宅は洗濯ばさみを麗子の秘芽に根元を貫くピアスまでも深々と噛ませていた。 紅い秘芽は洗濯ばさみに噛まれて潰れ、洗濯ばさみから食み出した粘膜は今にも血を吹き出しそうだった。 

 その裸身は細い腰から捩じ切れるのではと思える程にくねった。 足は床を失い、宙に舞った。 背を弓反らせて、麗子は何時までも啼き続ける。 

「いぎゃぁ~~~~~。」
 三宅は麗子の苦悶を気にもかけずに鮮紅色の花びらまでも洗濯ばさみの毒牙に掛けていた。 
「幾つ付けられるかな。 四つか、五つか。 咲織と違って良く発達した花びらだ。 洗濯ばさみが似合うぞ。」
 紅い花びらに青、緑、黄色、そして赤の洗濯ばさみが付けられていく。 噛まれる度に粘膜の花は捩れ、歪み、生き物の様にくねった。 断末魔の苦悶にのたうつ主を裏切り、婬靡な花はじゅわじゅわと蜜を溢れさせ、洗濯ばさみを濡らして、その先端に珠を作った。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop