FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2436=陽炎の立ち昇る柔肌。

「にい~、さんんっ、しぃ~~~、ごぉ~~~。 ろくぅっ。」
 麗子は鞭に舞いながら、数を叫び続けた。 どれ程、いまと同じように飯田から、あるいは見知らぬ仮の一日限りのご主人様から打たれてきたのだろう、麗子は連撃を受けても間違える事無く数を数え続けた。

 重い鞭は麗子の躯で爆ぜる度に、麗子の躯をくの字にへし折った。 右から左から、尻たぼに、腰に三宅は鞭を当てる。 その度に踵が浮くまで吊られた麗子の足は踏みこたえられずに、鏡の床で蹌踉け、転がった。 元々女らしい減り張りの利いた麗子の裸身は打たれる度に嫋やかにくねり、哀れにも美しい曲線を描く。 括れた腰は一層細く捩れ、たわわな乳房はたぷたぷと量感を増して揺らいだ。 その悲痛な美を愉しむ様に、あるいは非日常の空間に婬美な絵を描く様に三宅は鞭を振るった。 

『麗子さん、綺麗。 さっきまであんなに惨い電気責めを受けていたのに、何処にあんな力が残っていたの。 打たれる度に、麗子さんの躯が輝いてくるみたい。 数を数える声が、啼き声が胸を締め付けてくる。 あぁ、私も、私もご主人様に打たれたい。 ご主人様があんなに愉しそうに。 あんなに興奮して。 あぁ、感じる。 ううん、感じたい。 疼く。 辛いです。 辛すぎます、ご主人様。 どうか、どうか、この燃え盛る咲織の胸の蕾を、股間の秘芽を構って。 ううん、打って、打ってください。 血が出るまで。 壊れるまで、もう疼かなくなるまで。』

 麗子が鞭に身を捩る。 その度に見ているだけの咲織の裸身を鎖を鳴らして、捩れた。 華奢だがしっとりと肉を載せた桜色の裸身が銀色の鎖の下で、右に左にくねった。 そのぷりぷりと揺れる胸の頂では、何時になく朱を濃くした蕾が固く血を充血させていた。

「しじゅうはちっ、しじゅうく~~~、あぁ、ごじゅうっ。」
 麗子は一際高く啼いた。 既に日本女性には珍しく丸く豊かに張り出した尻たぼからは白い肌は消え去り、一面紅葉を散らしたように紅くてらてらと光っていた。 細い帯状の鞭跡はその上のきゅっと締まった腰にも、むっちりと伸びた太腿の柔肌にも伸びている。 

 背中で結ばれた掌を麗子は固く握りしめていた。 そのしなやかな指は疾うに朱く鬱血している。 打たれる度に躯は跳ね飛び、鎖に繋がれた腕は捩れ、胸の上下を縊る麻縄が柔らかな乳房を絞り上げる。 息をするのも苦しげな喘ぎが数を数えない時にも麗子の口から零れていた。 その唇は慾情したかのように自らの唾に濡れて、紅く輝いている。 肉厚の男好きのする唇を奪って欲しいとばかりに突き出し、麗子は数を数え続けた。 

「感じるか。」
 ばしんっと鞭を麗子の尻たぼに飛ばして、三宅が聞いた。
「ろくじゅう~~~。 感じます、感じます。 もっと、もっと。」
 麗子の裸身から婬らな陽炎が立ち昇っていた。 

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop