FC2ブログ

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

【絶対R18】愛故に奴隷になった美少女と愛する者を責め苛まずにはいられない男の愛の行方は。

☆ その2435=波打つ尻。

「あぁぁぁぁ。 はふぁぁぁぁん。」
 三宅はたっぷりと催淫剤を指に載せ、咲織の胸の蕾に、秘芽に塗り込んでいく。 その甘美に過ぎる刺激に咲織の躯はその先に待ち構えてる地獄の責め苦も忘れて、三宅の指へとしな垂れかかる。 華奢でいながら、骨を感じさせない嫋やかな躯は全身で三宅の指の動きを追った。 指の動きに連れて、びりびりと感悩の電気が全身の肉に放たれる。 肉は形を失い、蕩けていった。 

「すぐに懐く。 まるで犬ころだな。 この痴れ顔。 飢えた子犬そのものだ。 疼いても疼いても満たされない餓鬼地獄を味わうがいい。」
 三宅はくるりと踵を麗子に向けた。 その背中を咲織の心が追う。 が感悩に染まった躯はだらしなく蕩けるばかりで、声すら掛けられなかった。 手を伸ばせば届く処にいると言うのに、三宅の背は遥か遠くに行ってしまった様に感じられた。 

「あぁぁん。」
 独り放って置かれると、三宅に打たれた鞭の痛みが感悩に染まった躯に蘇った。 三宅に催淫剤を塗られた粘膜の器官が慄き、そして震える。 じんじんと痛みと共に感悩の疼きが肉に染み拡がっていく。 小さく、誰にも聞こえない様に、自分だけに向けて咲織は喘いでみた。 濡れた胸が切なく三宅を求めて哭いていた。

「お待たせ。 あなたを鞭打つのに夢中になってる間に、あいつの乳首と秘芽が腐ってしまっては元も子もないですからね。」
 三宅は麗子の肩を持って、くるりと背を向かせた。 紅い爪先がガラスの床に踊る。 
「はい。」

「まずは尻叩きだ。 数は数えられますね。 百まで数えなさい。 数え忘れたり、間違えたりしたら、また一からだ。」
 三宅は言い終わるが早いか、鞭を唸らせた。 ぶぅんと空気が重々しく鳴った。 直後にぱぁんと高く革帯の塊が肉を叩く派手な音が響いた。 黒い影が白い麗子の尻で爆ぜて、その正体を見せる。 

「いちぃ~~~~~。」 
 麗子の裸身が打たれた右の尻を中心に半回転した。 悲痛さの奥にしっぽりとした甘さを隠して、麗子は高らかに数を数える。

「びしっ、ばしん、びたん、ぴしゃん。」
 三宅は息も継がずに、右に左に鞭を払った。 重い音を放っては、黒い鞭束が白い肌で爆ぜていく。 爆ぜた後には、白い柔肌にたちまちに幾条もの朱い鞭跡が浮かぶ。 量感のある丸い尻たぼは休むことなく、ぷるんぷるんと揺らいだ。

☆↓来られたついでに是非、1クリック願いします。 ピンチです。 

関連記事

PageTop